妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

日清焼そば「UFO」チャーハン味焼そばが本気でチャーハンだった件。全力でレビューしてみた。



スポンサーリンク



ガッツリと食べたい。 それもお手軽に。

そんな時にカップ焼きそばは、お手軽でガッツリと食べれる代表例だと思う。

そこで朗報。

2018年9月10日に新発売。

日清焼きそば「U.F.O(ユーフォー)」大盛り チャーハン味焼そば

『焼きそば「なのに」チャーハンの味!?』

驚いた方も多いと思う。

だが安心して欲しい。完全にチャーハンである。

繰り返す。完全にチャーハンである。

チャーハンをお手軽に、ガッツリと、カップ焼きそばで味わえる不思議な感覚を共有するために全力でレビューしていこう。

日清焼そば「UFO」チャーハン味焼そばが本気でチャーハンだった件

 

f:id:mousouryoku:20180916141258j:plain

お値段は定価で税込価格221円。

スーパーでも多く見かける事が出来たので税込213円で購入。少しお得だった。

内容量は153g(麺130g)。

カロリーは755kcal。

大盛りらしくカロリーはお高めとなっている。

原材料も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20180916141715j:plain

「まるで炒め味」とは一体どういう事か。

好奇心も「くすぐる」言葉たちにワクワクは止められない。

早速、開封していこう。

開封の舞もガッツリと済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20180916142104j:plain

『当たり前だが、特に変わりはない。』

中から小袋を2つ取り出してみる。

f:id:mousouryoku:20180916142203j:plain

『当然、変わりはない。』

お湯を注いで3分待って、お湯を捨てる。

いつもと全く変わらないお手軽さ。

ごく自然にいつものユーフォー感。

f:id:mousouryoku:20180916142316j:plain

粉末ソースと調味オイルを投入するいつものスタイル。

どこまでもお手軽である。

f:id:mousouryoku:20180916142446j:plain

いつもと「違う」感覚は突然現れる!

混ぜる度にスパイシーな香りに「変わって」いく。

ユーフォー「らしくない」まるで炒めたような香りに!

f:id:mousouryoku:20180916142550j:plain

混ぜ切って大きく香りを吸い込むと、まるでレタスを入れて「炒めた」チャーハンの香りが食欲に直撃する。

『これは・・・!』

ちょっと我慢出来そうにない。

香ばしく「香る」焼きそばに食欲は全開だ。

食べよう。チャーハン「香る」焼そばを。

全力で!

いただけます!

f:id:mousouryoku:20180916143023j:plain

『ははっ!笑えるほどチャーハン!!!』

  • チャーハンらしく、香ばしく
  • チャーハンらしく、パラパラで
  • チャーハンらしく、ガツンと

お口に「かきこむ」のに丁度良いコショウのアクセントと、チャーハンらしい味付けと油加減で食欲はどんどん満たされる。

噛む度に、麺が細かくなる度に「もっと」パラパラになって、チャーハンらしさは加速する。

  • 飲み込む頃には完全にチャーハンで。
  • 喉を通り抜ける感覚はチャーハンでしかない。

食べ終わって高まる満足感。

その満足感はチャーハンと同等に訪れる。焼そばなのに。

『焼きそば「なのに」チャーハンだ!!!』

更に。

しっかりとした味付けの「チャーシュー」がチャーハンらしさを跳ね上げる。

f:id:mousouryoku:20180916143834j:plain

もっと「ガツン」と油感を増してチャーハンらしさを演出する。

更に更に。

フワフワの玉子もチャーハンには欠かせない要素。

f:id:mousouryoku:20180916144340j:plain

チャーハンらしさを演出するのに「欠かせない」要素はしっかりと押さえている。

その全てを同時に食した時に出る言葉は1つ。

f:id:mousouryoku:20180916144527j:plain

『チャーハンじゃん!』

ほぼ。いや、完璧に焼きそば「なのに」チャーハンだ。

それでも。

それでもユーフォー「らしさ」もちゃんとあるのが不思議なポイントで。

キャベツと一緒に食べて、噛めば噛むほどモチモチのユーフォーの「麺の味」が分かる。

f:id:mousouryoku:20180916145118j:plain

やはりユーフォーと言えばキャベツ。

キャベツ無しではユーフォーは語れない。

チャーハンを食べている途中で「ユーフォー感」が恋しくなったらキャベツと一緒に食べると面白いぞ。

焼そば「なのに」チャーハンを。

チャーハン「なのに」焼そばを。

全力で楽しんで欲しい。

最後に

 

焼そば「も」チャーハン「も」食べたい食べ盛りのあなたこそ食べるべきだ。

焼そば「なのに」チャーハン。

お口の周りに自然とついている「油」がチャーハンを食べた後を思わせる焼そば。

好奇心も食欲も旺盛なあなたが食べない理由は、無い。

何よりもお手軽なカップ焼そばでチャーハンを味わってみてはいかがだろうか?

日清食品「U.F.O」大盛り チャーハン味焼そばで。

 それでは

 ん~!良い人生を!