妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「濃厚チョコ&ショコラパフェ」が濃厚。チョコ尽くしなパフェを本能のまま食べて欲しい。



スポンサーリンク



何も考えずに甘いモノが食べたい時ってありませんか?

そんな時セブンイレブンは筆者の強い味方で。

夜遅くまで頑張った「自分へのご褒美」を手軽に、豊富な品揃えの中から選べるセブンイレブンのスイーツコーナーは癒しでしか、無い。

何も考えたくない時に食べたい甘いモノと言えば。

チョコレートとか、チョコレートとか。

そんな時は少しくらい高くても選んでしまう。

2018年11月12日に新発売。

セブンイレブン「濃厚チョコ&ショコラパフェ」

何も考えずに全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

セブンの「濃厚チョコ&ショコラパフェ」が濃厚

 

f:id:mousouryoku:20181116012143j:plain

お値段は税抜き価格275円。

税込価格で297円。

少しお高いけど。

濃厚って言葉には弱いし、パフェって考えたらやっぱりお買い得だと思う。

多分。

カロリーは413kcal。

買う時は何も考えなかったけど、中々のカロリーだった。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181116013349j:plain

お酒と一緒に楽しむスイーツ

  • チョコやチーズをたっぷり使用した大人向けのスイーツ「濃厚スイーツフェア」を開催!

そんなフェアをやってるのなんてレビューの為に調べたから「今」知って。

大人向けのスイーツという言葉に心は踊る。

楽しもうか。

何も考えずに。

開封の舞も心の赴くままに済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181116013438j:plain

『あっ。すごい豪華。』

  • ガトーショコラ
  • 生チョコ
  • チョコムース
  • スポンジ
  • チョコソース

f:id:mousouryoku:20181116013552j:plain

チョコ尽くしな構成は選んだ時に、何となく知っていたけど。

想像以上の豪華さに『これ絶対当たりのスイーツ!』と思わずガッツポーズしたのは内緒。

食べよう。

何も考えずに。

本能の赴くままに。

全力で。

生チョコをいただきます!

f:id:mousouryoku:20181116013637j:plain

『濃厚・・・!』

  • 甘過ぎず、ほろ苦く、ビターで。
  • 溶けるほどにチョコらしく風味高く「濃厚」にチョコを主張して。
  • ねっとりと舌にまとわりつくように生チョコらしい生チョコ。

たった1粒で糖分補給効果はバッチリだ。

次はっ!

ガトーショコラをいただきます!

f:id:mousouryoku:20181116013804j:plain

『本格的・・・!』

  • しっかりとガトーショコラのしっとり食感で。
  • ほろ苦く、ガトーショコラらしく舌にからみつくように。
  • 飲み込む度に、香ばしい「濃厚」なガトーショコラ。

セブンイレブンのガトーショコラ好きの筆者も思わず唸る。

さすが専用工場で作った「生チョコ」と「ガトーショコラ」だ。

この「サイズ」の生チョコとガトーショコラを「お安く」売れば、爆発的に売れそうな予感しかしないけど、きっと叶わぬ夢。

それよりも。

すでに生チョコとガトーショコラでお口の中は甘々で。

何も考えられなかった頭はスッキリとして。

セブンイレブンが「お酒と一緒に楽しむスイーツ」と謳っているけどコーヒーの方が欲しくなって。

セブンカフェでホットコーヒーを買ってくれば良かったなんて思うほどの甘さで。

f:id:mousouryoku:20181116013930j:plain

その甘さを濃いめのコーヒーでスッキリさせて。

続きをレビューしていこう。

チョコムースをいただきます!

f:id:mousouryoku:20181116014044j:plain

『お前もか!』

濃厚。

  • 芳醇に風味高く、洋酒の風味がほのかにあって。
  • ねっとりと広がる「濃厚」なムース。
  • 飲み込む度に、喉にまとわりつくような高級感。

大人のチョコムース。

生チョコ・ガトーショコラ・チョコムースを作っている専用工場への感謝が止まらない。

さて。

スポンジケーキは置いておいて。

やっと最後のチョコ。

もうお口の中は「濃厚なチョコ」にしか支配されていない。

いこう最後だ。

チョコソースをいただきます!

f:id:mousouryoku:20181116014704j:plain

『結局チョコは全部濃厚じゃん!』

  • 疑いようも無く、チョコ。
  • 濃厚なチョコ。
  • 口溶けの良いチョコ。

お口に入れた瞬間に、広がってすぐ消えても濃厚なチョコ。

よし。

一通りの紹介はした。

後は好きな組み合わせで楽しもう!

どこをどうやって食べても濃厚なのは確認済だ!

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181116015003j:plain

『濃厚なチョコパフェ!!!』

驚くほど濃厚なのに濃厚な「だけ」じゃないチョコレート感。

  • 風味高く鼻を抜ける、濃厚なチョコレート。
  • 舌にまとわりつくような、濃厚なチョコレート。
  • お口全体を甘く支配する、濃厚なチョコレート。
  • 喉にからみつくようにねっとりと通る、濃厚なチョコレート。

どこまでも濃厚「なのに」それぞれの個性はハッキリと。

濃厚なのにバランスの良い濃厚なチョコのパフェがお口の中で完成する。

f:id:mousouryoku:20181116015712j:plain

舌へ届く食感が「めまぐるしく」変わって。

全てがチョコ「なのに」全てが違う顔を見せてくれて。

濃厚なチョコ尽くしの「パフェらしいパフェ」を全力で楽しめる。

『濃厚!でも!それが美味しい!』

  • 何をどう組み合わせても濃厚で。
  • 何をどう組み合わせてもチョコで。
  • 結局は濃厚で「美味しい」チョコのパフェ。

何も考えず、あなたの本能に従って食べて欲しい。

あれこれ考えずに、ひたすらに濃厚なチョコのパフェを楽しんだって良いじゃないか。

濃厚に「甘い」チョコのパフェを。

セブンイレブン「濃厚チョコ&ショコラパフェ」を。

たまには。

最後に

 

ひたすらに甘いような。

ほろ苦さもしっかりとある、大人の甘さのような。

あなたの舌次第ですが、よっぽどのチョコ好きでも完食するにはコーヒー等の「助っ人」を用意する事はオススメしておきます。

よっぽどのチョコ好きですが、コーヒー無しだと「頬張り続けれる甘さではなかった」事だけは強くお伝えしたい。

それでは

ん~!良い人生を!