妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ウチカフェ「ラムレーズンサンド」が美味しい!ダックワーズって何だ!?



スポンサーリンク



ウチカフェの新作アイスである!

ラムレーズンサンドである!

2018年11月27日に新発売。

ウチカフェ「ラムレーズンサンド」

芳醇ラムレーズン&さっくりふわふわダックワーズが登場。

ダックワーズって何だ!?

好奇心に満ち溢れながら美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ウチカフェ「ラムレーズンサンド」が美味しい!

 

f:id:mousouryoku:20181127232151j:plain

お値段は税抜き価格230円。

税込価格で248円。

軽々と200円台を突破していても、そこはウチカフェ。

期間限定で、数量限定な美味しさのウチカフェのアイスの為なら惜しくは、無い。

小さいけど。

内容量は53ml。カロリーは128kcal。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181127232233j:plain

アルコール分0.7%未満

本商品に使用しているラムレーズンはアルコール分3.3%です。

f:id:mousouryoku:20181127232318j:plain

お子さまやアルコールに特に弱い方は全力で注意して欲しい。

さて。

ウチカフェの新作アイスはいつも楽しみで。

アイスやスイーツを食べ続けているけど「ダックワーズ」は正直、初耳。

ダックワーズとはアーモンド風味のメレンゲを使った焼き菓子。

※Wikipediaより引用※

聞いても『へ~っ!』としか思えず正直、味の想像はあまりできていない。

それでも。

あの「赤城乳業」が作っているのだ。

赤城乳業を愛する筆者は期待しかしていない。

構成はシンプルで。

  • ダックワーズ
  • ラムレーズン味アイス
  • ラムレーズン

f:id:mousouryoku:20181127232437j:plain

早速、そのお姿を見てみよう。

ダックワーズでサンドされたアイスを。

開封の舞もガリガリ君のテーマ曲のリズムに乗って済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181127232515j:plain

『初めまして!ダックワーズ!』

もしかしたら初めましてじゃないかもしれない。

だけど。

「意識して」食べるのは間違いなく、初めて。

食べよう。

ダックワーズも当たり前のように気になるけど、ラムレーズンサンドだ。

ラムレーズン「も」楽しまなくては。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181127232608j:plain

『へ~!これがダックワーズ!』

まるでブッセのように軽い食感で。

  • ふわふわ「なのに」しっとりで。
  • しっとり「なのに」もちもちで。
  • もちもち「なのに」サクサクした所もあって。
  • 焼き菓子らしく香ばしく、砂糖の優しい甘さを広げて。

噛む度にギュッと固まって、アーモンドの欠片達と「共に」存在感を主張する。

そんなダックワーズに滑らかなアイスは口溶け良く重なって。

  • 風味高くラムレーズンを主張して。
  • 滑らかにミルキーさも広げて。
  • ダックワーズに吸収されるように絡まって「喉通り」をスムーズにして。

鼻に抜けるラムレーズンと焼き菓子らしい「2つの」香ばしさと初めて「意識して」味わうメレンゲ感に新鮮さすら覚える。

f:id:mousouryoku:20181127232719j:plain

『ダックワーズって美味しいんだ!』

でも。

まだ。

まだラムレーズンに出会えていない。

ダックワーズの美味しさにラムレーズンの「風味」を絡ませながら食べ進めて、中央より少し手前。

そこにラムレーズンは居る。

さぁ!食べよう!

ラムレーズンと共にダックワーズを!

全力で!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181127232931j:plain

『虜になりそう・・・』

ラム酒の香りがどこまでも芳醇に鼻を、鼻の奥を支配して。

  • ふわふわ・もちもち・しっとり・さくさくのダックワーズの豊かな食感。
  • 豊かな食感を邪魔することなく滑らかに絡みつくアイス。

そんな主張する食感たちに負けないくらい主張するラムレーズン。

  • まとわりつくように舌を包み込んで。
  • ラムレーズンらしさを加速させて。
  • 果肉が「プチッ」とラムレーズンらしくなく弾けて。
  • 瑞々しい果汁感を広げて。
  • どこまでも風味高いラムレーズンらしいラムレーズンを主張して。

砂糖の優しい甘さを、ダックワーズらしい香ばしさを広げながらラムレーズンは儚く、消える。

f:id:mousouryoku:20181127233443j:plain

『・・・美味しいっ!』

  • 豊か過ぎる食感の。
  • ラムレーズンの主張からの去り際の潔さの。

虜になりそうな「予感」しかしない。

あなたも。

ダックワーズを知っているあなたも。

ダックワーズを知らないあなたも。

1つの「アイス」として心からオススメしたい。

ウチカフェ「ラムレーズンサンド」を。

芳醇ラムレーズン&さっくりふわふわダックワーズを。

最後に

 

『さすが。』としか言えないくらい赤城乳業らしさのあるアイスです。

ダックワーズの冷凍されていたのに「豊かな食感」を取り出した瞬間から味わえて。

細かく、細かくなっていっても「魅力」を失わないダックワーズが素直に美味しかった。

ラムレーズンの風味「からの」ラムレーズン本来のしっかりとした主張「からの」消えるまでの「振り幅」もすごくて。

素直に感動する美味しさ。

ラムレーズン好きなあなたには、この振り幅こそ味わって欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!