妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「ブリュレ風」バウムクーヘンアイスが新し過ぎる!個別で主張するのに美味しい奇跡。




これほどスプーンで食べるか、フォークで食べるか迷ったアイスは、無い。

それともナイフとフォークがベストなのか。

食べ方だけで、小一時間悩まされたアイスが登場した。

2018年12月18日に新発売。

セブンプレミアム「ブリュレ風」バウムクーヘンアイス。

ブリュレ「風」で、バウムクーヘンで、アイス。

美味しい要素が詰め込まれ過ぎているアイスを、全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

セブンの「ブリュレ風」バウムクーヘンアイスが新し過ぎる!

 

f:id:mousouryoku:20181218161259j:plain

お値段は税抜き価格230円。

税込価格で248円。

単体で考えるとお高めのアイス。

しかし。

ブリュレとバウムクーヘンとアイスが「同時に」食べれると考えれば圧倒的にコスパの良いスイーツと言える。

内容量は40ml。カロリー264kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181218161325j:plain

この商品はセブン&アイグループと赤城乳業株式会社の共同開発商品です。

赤城乳業。

そんな気はしてた。

こんな見ただけで「ワクワク」するようなアイスを創り出せるメーカーは数少ない。

製造している横山冷菓にも賛辞を贈りたい。

そんな「ワクワク」するブリュレ風バウムクーヘンアイスの構造はシンプル。

  • バウムクーヘンの「輪の中心」にバニラアイス。
  • バニラアイスの「周り」にカラメルソースとホワイトチョコソース。

f:id:mousouryoku:20181218161407j:plain

シンプル「なのに」ここまでワクワクするアイスも珍しい。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も全力を超える全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181218161434j:plain

『カワイイけど小さい!』

それもそのはず。

40ml。

大の大人の手の平に、スッポリと納まる小柄なアイス。

でも。

持つとずっしりと感じる「詰まっている感」は全力でお伝えしておきたい。

f:id:mousouryoku:20181218161535j:plain

尚、下側には保護シートがあるので食べ方次第では剝がして食べよう。

さて、と。

準備はできた。

f:id:mousouryoku:20181218161615j:plain

ここで迷う方も多いと思う。

『どうやって食べよう?』と。

フォーク?

スプーン?

f:id:mousouryoku:20181218161833j:plain

それともナイフとフォーク?

それとも豪快にかぶりつく?

正解なんて、無い。

悩んでも始まらない。

好きなように。あなたの好きなように食べよう。

筆者も好きなように食べる。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181218161902j:plain

『訳が分からないけど美味しい!』

きっと伝える人としてはダメな感想だと思う。

ダメだと思うけど事実なのだ。

  • 冷たいのに「しっとり」としたバウムクーヘンから始まって。
  • 『ふわふわ~』とか思ってたら「パキパキ」のホワイトチョコが主張してきて。
  • 『あんまり甘くない・・・』とか思ってたらカラメルソースが香り高く「一気に」主張してきて。
  • 『ブリュレ感が瞬間的に高まった!』とか思えばスッと消えて。
  • 甘さ控えめで風味豊かなバニラアイスはじっくりと溶けて。
  • バウムクーヘンと重なる度に「冷たいのに温かい」不思議な感覚になって。
  • ほのかにほろ苦く、ほのかに甘く、訳の分からない美味しさのスイーツがお口の中で完成して。

最後にバウムクーヘンらしい香ばしさと優しい甘さを残して消える。

f:id:mousouryoku:20181218161941j:plain

『混乱。なのに美味しい。』

  • 豊か過ぎる「食感たち」に混乱して。
  • 混ざり合う「風味たち」に混乱して。
  • 控えめに主張をする「甘味たち」に混乱して。

しっかりとバウムクーヘン「なのに」喉越し良く飲める事に混乱して。

何をメインに味わえば良いのか分からないほど混乱する。

なのに。

美味しいという奇跡。

f:id:mousouryoku:20181218162220j:plain

個別の味が「個々に」主張するのに美味しいのも奇跡で。

  • 「パキパキ」のホワイトチョコと「とろとろ」のカラメルソースで、ちゃんとブリュレ。
  • コク深くミルキーで、風味豊かで甘さは控えめの、真っ直ぐなバニラアイス。
  • 歯に抵抗を一切感じさせないほど「しっとりふわふわ」で香ばしい、正統派のバウムクーヘン。

f:id:mousouryoku:20181218162423j:plain

お口の中で重なる度に、奇跡レベルはどんどん上がって。

  • ブリュレ「なのに」バウムクーヘン。
  • バニラアイス「なのに」ブリュレ。
  • バウムクーヘン「なのに」バニラアイスが絡んだブリュレ。

混乱すればするほど、美味しさが「跳ね上がる」奇跡のようなスイーツ。

『訳が分かんない程、美味しい!』

これ。

食べるべき。

ブリュレ好きも。

バニラアイス好きも。

バウムクーヘン好きも。

みんな。

1度に全てが味わえるのに、奇跡のようなバランスをしたスイーツ。

アイスと呼びたくない。

全く新しいタイプのスイーツ。

ゆっくりと全ての味を味わいながら、お口の中で個別に主張する美味しさたちに全力で混乱して欲しい。

舌が混乱すればするほど美味しいスイーツを全力で楽しんで欲しい。

セブンプレミアム「ブリュレ風」バウムクーヘンアイスを。

最後に

 

歴史に残る美味しさ。

大げさに聞こえるかもしれないけど、間違いなく「記憶に残る」美味しさです。

どれも馴染みのあるスイーツばかり。

それが。

どれもアピールするのに、どの味か分かる。

どの味か分かるのに、新しい。

食べてみて。

目が真ん丸になる「新しさ」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは

ん~!良い人生を!