妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

クセだらけの日清焼そば「UFO」ハラペーニョ香るホワイトチェダーチーズソース味焼そば。クセだらけでクセになる美味しさ。




「辛いモノ」を食べた後の「甘いモノ」が美味しいと知っているあなたへ。

その辛いモノが濃厚で、油っこい場合にオススメなのはサッパリとしたフルーツのシャーベット系のアイスだ。

だが、今回の主役は辛いモノ。

2018年12月17日に新発売。

日清焼そば「U.F.O」大盛り。

ハラペーニョ香るホワイトチェダーチーズソース味焼そば。

ハラペーニョと聞いて、レジまで持っていくのに勇気は必要だったけど。

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

クセだらけの日清焼そば「UFO」ハラペーニョ香るホワイトチェダーチーズソース味焼そば

 

f:id:mousouryoku:20181223133754j:plain

お値段は定価で205円。

税込価格で221円。

近所のスーパーで「ハラペーニョ色のユーフォー」が大量に陳列されている姿に、少し後ずざったのは内緒だ。

その代わりに、スーパーでは「ほんの少し」お買い得な、税込213円で買えた事は全力で報告しておこう。

内容量は165g(めん130g)。

カロリーは770kcal。

大盛りらしい内容量とカロリーとなっている。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181223135251j:plain

f:id:mousouryoku:20181223135456j:plain

作り方はいつも通り、お湯を注いで3分待って湯切りするだけ。

早速、そのお姿から見てみよう。

開封の舞も、辛いモノの「後」の甘いモノを念入りに用意して、全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181223135917j:plain

『まだ普通!』

恐れているハラペーニョ感はまだ、無い。

因みに。

小さなお子様や、辛みが苦手な方の飲食はご注意ください。

ここから先は覚悟の無い人や、注意書き通りの人は文字通り注意して欲しい。

きっと「液体ソース」に全てが詰まっている。

お湯を注いで待とう。

3分間。

ハラペーニョ感に「少し」ドキドキしながら。

3分後!

f:id:mousouryoku:20181223140537j:plain

『まだ!まだ普通!』

ここからだ。

ここから「始まる」のだ。

かけよう。

液体ソースを。

ハラペーニョ香るホワイトチェダーチーズソースの素を!

ドバッと!

f:id:mousouryoku:20181223140801j:plain

『バーニャカウダのソース?』

まるでバーニャカウダのソースのようで。

しっかりと油をまとって。

ハラペーニョ感はまだ、無い。

ほのかにホワイトチェダーチーズが香った程度だ。

混ぜよう。

全力で。

力の限り!

混ぜる!

f:id:mousouryoku:20181223142154j:plain

『クセがスゴい!』

混ぜる度に「濃厚に」香るホワイトチェダーチーズ。

混ぜる度に「もっと」濃厚に、香るホワイトチェダーチーズの「奥に」刺激的なハラペーニョ感・・・・

少し怖くなるほどのクセだらけな風味。

なのに具材はシンプルに「小さめのチャーシュー」と「大切りという名の控えめなキャベツ」のみ。

いこう。

食べなければ伝える事は出来ない。

ある程度の覚悟を決めて。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181223142415j:plain

『クセが!スゴい!!!』

大きく息を吸えば吸う程、風味豊かなホワイトチェダーチーズが「クセ」を主張して。

大きく息を吸えば吸う程、ハラペーニョは「くせ者」らしく隠れながらも主張して。

  • 舌に届いた瞬間から、コク深くホワイトチェダーチーズの「旨み」が支配して。
  • ユーフォーらしくモチモチ麺で「濃厚」な味を主張して。
  • 食べ応えしかない弾力の麺を噛めば噛むほど、ハラペーニョが「じわりじわり」と主張を始めて。
  • それでも。
  • 主張し始める辛み「よりも」濃い旨みの方が強くて。

濃い風味と旨みの「後」のほのかにヒリヒリする唇が次の一口を求める。

f:id:mousouryoku:20181223143041j:plain

『クセになりそう・・・!』

しかも!

いける辛さだ!

いこう!豪快に!

ユーフォーの大盛りを!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181223143255j:plain

『クセが!スゴ過ぎるよ!!!』

シンプルな見た目からは想像ができないほど、クセの塊。

  • 鼻に残り続ける「しっかり」としたホワイトチェダーチーズの風味。
  • ユーフォーらしく豪快に、濃厚に唇を「テカテカ」にする油感。
  • 噛む度に「高まる」ホワイトチェダーチーズの旨み。

その奥には「常に」ハラペーニョが居て、風味と旨みに刺激を与え続ける。

f:id:mousouryoku:20181223145204j:plain

どこまでも豪快「なのに」旨みがあって。

どこまでも刺激的「なのに」風味豊かで。

  • 食べ終われば、ハラペーニョ感は「ワ~ッ」と主張してきて。
  • 頭に。背中に。おでこに。うっすらとした汗を誘って。
  • 刺激的に食欲を刺激して。

油っこさと辛さが後を「引き過ぎる」のに、コク深いチェダーチーズの香りと旨みで箸が止まる事は、無い。

f:id:mousouryoku:20181223145143j:plain

『クセになった!!!』

正直に話すと。

人を選ぶ味だと思う。

  • くどめの油っこさ。
  • クセのある風味と旨み。
  • 馴染みの薄い辛さ。

ユーフォーらしさはあるものの、ユーフォーらしくない新感覚のユーフォー。

それでも。

頭からうっすらと湯気を感じる後引く辛さと、豊か過ぎるホワイトチェダーチーズの風味を味わい尽くした時。

あなたはもう1度求めるかもしれない。

クセにしかなりそうにないカップ焼そばを。

日清焼そば「U.F.O」大盛り。

ハラペーニョ香るホワイトチェダーチーズソース味焼そばを。

最後に

 

唇や舌が痛くなるほどの辛さでは無いです。

うっすらと発汗するほどの辛さです。

「ちょっとくらいの辛さなら大丈夫」のちょっと上。

※確実な保証は出来ませんが※

むしろ「ヒリヒリッ」としたお口の中に、冷たいアイスを放り込んだ時の事を考えたら「もっと」辛くても良いかもしれない。

ホワイトチェダーチーズの「濃厚」な風味と旨みを、引き立てる「辛み」を味わってみてはいかがでしょうか?

その後に食べるアイスとセットで。

それでは

ん~!良い人生を!