妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ドラゴンボール「アドバージ9」ムービースペシャルのレビュー。セット買いで映画のワンシーンを思い出そう!




映画「ドラゴンボール超」ブロリーを見終わっても、興奮が収まらない。

関連するグッズやコンテンツは、どれも魅力的に見えて「全て」欲しくなる。

発売される度に「厳選」して買うフィギュアでさえも。

2018年12月24日クリスマスイブに新発売。

ドラゴンボールアドバージ9「MOVIE SPECIAL(ムービースペシャル)」セット。

圧倒的なクオリティを誇るアドバージ「シリーズ」ナンバリング最新作の第9弾となる今作。

映画「ドラゴンボール超」ブロリーに登場するキャラクターが厳選されてラインナップされている。

嬉しいセット売りを全力で手に入れた。

興奮全開のレビューをしていこう。

ドラゴンボール「アドバージ9」ムービースペシャル「セット」のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20181224142809j:plain

お値段は税抜き価格3,000円。

税込価格で3,240円。

当然「個別での販売」もあります。

そちらは「1個」のお値段が税抜き価格500円。

税込価格で540円。

普段は「箱買い」をしてしまうと10個入りで。

どうしても「ダブって」しまうのでネットでの箱買いは避けて、リアルの店舗で「厳選して」買うのが一般的だと思います。

しかし、

今回は「ムービースペシャル」として6種「全部」がセットになって販売。

迷うことなくネット注文でも「箱買い」が出来てしまう。

箱すらも記念に取って置けるクオリティなのでアドバージファンには嬉しい。

f:id:mousouryoku:20181224143601j:plain

ドラゴンボール「アドバージ9」ムービースペシャルに収録されているラインナップがこちら。

  • ブロリー(超サイヤ人フルパワー)
  • ブロリー(怒り)
  • ゴジータ(超サイヤ人ブルー)
  • ベジータ(超サイヤ人ゴッド)
  • 孫悟空(防寒着Ver)
  • ラディッツ(幼少期)&カカロット(幼少期)

ゴジータはアドバージ6のゴジータと「一部」同じ金型。

ベジータ(超サイヤ人ゴッド)はアドバージ6ベジータ(超サイヤ人ブルー)と同じ金型。

 映画に登場したキャラを「厳選」して収録されていて。

正直、センスしか感じないラインナップとなっている。

映画での「要所」「要所」のキャラを6体ラインナップ。

アドバージのサイズでは1体で成立しないカカロット(幼少期)の相方にバーダックやギネじゃなく、ラディッツ(幼少期)なのも並んで見ると違和感は無いし、初登場のベジータ(超サイヤ人ゴッド)を入れてくる辺りにキラリとしたセンスを感じる。

『興奮が止まらない!』

さぁ!セットの箱から開封していこう!

開封の舞も力を込めて全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181224144933j:plain

『映画のワンシーン、ワンシーンが脳内で蘇る・・・!』

そのワンシーンを思い出しながら「触れる」フィギュアは何歳になっても買う事は止めれそうに、無い。

しばらくの間、この絵面を眺めていたいけどレビューしなきゃ。(使命感)

映画の登場順で、と言いたいけど「盛り上がる順番」で開封していこう。

いこう!

ドラゴンボール「アドバージ9」ムービースペシャルを「全て」この手で!

触りたい!

  • ラディッツ(幼少期)&カカロット(幼少期)

f:id:mousouryoku:20181224151120j:plain

内容物は共通。

フィギュア1体に台座付き。

f:id:mousouryoku:20181224151852j:plain

しかし。

アドバージのサイズらしくなくカカロット(幼少期)が小さいので、相方には兄のラディッツ(幼少期)が同梱されている珍しいタイプとなる。

食玩「らしく」ソーダ味のガム入り。

ガムは1.6g。カロリーは5kcal。

昔懐かしいソーダ味のガムを美味しくモグモグしながら開封して組み立てよう。

f:id:mousouryoku:20181224152503j:plain

組み立て、と言っても簡単で。

基本は付属のパーツも「すぐ」取り付けられて台座に装着するだけで完成する。

f:id:mousouryoku:20181224152856j:plain

完全に「カカロット」なワンシーンは貴重で。

孫悟空と名付けられる前の「純粋なサイヤ人」の頃のカカロット。

幼少期らしく「柔らかい」質感となっていて、可愛らしさを跳ね上げている仕上がり。

ただ。

残念な事があって。

f:id:mousouryoku:20181224153103j:plain

可愛さ全開の「おしめ」に汚れがあって。

らしいと言えばらしい汚れ具合で。

もっと残念なのは尻尾を「挿し込む部分」が合わなくて。

ピッタリとハマらない事実が悲し過ぎた。

悲し過ぎたけど、背中が愛おしいほどカワイイから許せて。

f:id:mousouryoku:20181224153500j:plain

小憎たらしい小僧というイメージの、映画で「聞いた」ラディッツの幼い頃の声が脳内で再生された瞬間に全てが許せた。

f:id:mousouryoku:20181224153631j:plain

悟空の超サイヤ人3を思わせるラディッツの髪型は見事に再現されていて。

惚れ惚れするほどサイヤ人を象徴していると思う。

f:id:mousouryoku:20181224154041j:plain

見事に「M字」の額で。

サイヤ人として初登場したラディッツのスカウター姿は今でも忘れていなくて。

戦闘服のカッコ良さは今でも震える程、大好きで。

不敵な笑みの、幼少期ながら「サイヤ人のラディッツ」が見事に再現されている。

f:id:mousouryoku:20181224154524j:plain

ただ。

カカロット(幼少期)と同様に「塗料の付着」があって。

f:id:mousouryoku:20181224155231j:plain

全体的にハイクオリティ「なのに」所々にある「塗料の付着」が全体を押し下げてしまっている感は否めない。

それでも。

並べて眺めた時に色々な思いが交錯するのは、ドラゴンボールファンのあなたなら分かって頂けると思う。

f:id:mousouryoku:20181224155510j:plain

相容れる事の無かった2人のサイヤ人。

それでも。

兄弟なのだ。

  • 孫悟空(防寒着Ver)

f:id:mousouryoku:20181224163626j:plain

ここからはシンプルにフィギュア1体と台座のみとなっている。

ドラゴンボールアドバージシリーズはデフォルトキャラらしく頭部が大きく、自立はするけど不安定なキャラが多いシリーズ。

台座が無い方が映えるけど、飾る時は台座が必須という食玩マニア泣かせの仕様。

台座が透明なのが救いである。

f:id:mousouryoku:20181224163933j:plain

『質感が震える程、良い!』
ぶつくさ言ってたのが馬鹿らしくなるほどの、質感。

髪、肌、服とどれもハイクオリティ。

悟空らしい髪の再現度。

大人の悟空の凜とした肌のツヤ感。

注目すべきは防寒着の質感で、寒冷地仕様を強く表現している仕上がり。

そこからわずかに見える道着の質感とは明らかに違うので、あなたの「肉眼」で確認して欲しい。

横から見た立ち姿も、悟空らしさを再現している出来栄え。

f:id:mousouryoku:20181224164638j:plain

余裕のある悟空が見事に再現されている。

ここから映画のワンシーンの「窓の外から鼻息ムフー」はすぐさま蘇る。

「ぐるり」と見まわせるのがフィギュアの良い所で。

f:id:mousouryoku:20181224164950j:plain

胸を張っている分、服の背中にシワが出来るのは当然で。

細かい描写まで表現されているアドバージシリーズには興奮しかしない。

ただ。

こちらも「塗料の付着」が鼻にあったのは惜しく。

f:id:mousouryoku:20181224165402j:plain

全体的に塗装のクオリティも高いだけに残念度も跳ね上がる。

個体差があるとは言え、フィギュアの命とも言うべき顔にこの付着は悲し過ぎる。

  • ベジータ(超サイヤ人ゴッド)

f:id:mousouryoku:20181224165707j:plain

アドバージ6のベジータ(超サイヤ人ブルー)と同じ金型とは言え、赤く染まってしまえば別キャラ。

f:id:mousouryoku:20181224165844j:plain

映画登場時と同じく、冷酷なまでに神々しい表情。
ベジータらしくゴッドで。

サイヤ人ゴッドらしく眩い。

f:id:mousouryoku:20181224170041j:plain

注目すべきはクリアな頭髪でゴッドらしさを再現している所だ。

と、言いたいけどベジータ「らしくなく」力が抜けている立ち姿だと思う。

ゴッドらしく力まず、余裕すら感じるほどの立ち姿を表現しているのは必見である。

f:id:mousouryoku:20181224170401j:plain

映画で初登場した瞬間の、無表情にも思える冷酷「なのに」神々しいワンシーンを見事に再現している仕上がり。

同じ金型とは言え、やはり別物である。

こちらは「塗料の付着」は無いものの。

f:id:mousouryoku:20181224170538j:plain

ベジータから見て右胸の部分の塗装が「完璧」では無く、塗装の甘さが目立ってしまう。

許容範囲内ではあるけど、ここ最近のアドバージシリーズを考えると惜しい。

惜し過ぎる。

  • ブロリー(怒り)

f:id:mousouryoku:20181224170956j:plain

『震える程カッコイイ!』

どのキャラも良い。

特にムービースペシャルのキャラは「全部」欲しかった。

欲しかったけど群を抜いているのが「怒り」状態のブロリー。

f:id:mousouryoku:20181224171114j:plain

『圧倒的存在感!』

電流が流れる首輪が壊れる直前のワンシーンで。

ブロリーの「叫び」が見事に再現されている仕上がり。

豊かな質感・迫力の再現度・細かい部分の塗装と、どれもハイクオリティな1体。

懸念していた「塗料の付着」も無く、大満足な個体。

  • ド迫力の髪。
  • 隆々とした筋肉。
  • 緑のモフモフのモフモフ具合。

f:id:mousouryoku:20181224171451j:plain

そのどれもがハイクオリティな質感で「これぞアドバージ!」な1体。

背面からのブロリー専用の戦闘服は必見。

f:id:mousouryoku:20181224180720j:plain

映画で「まじまじ」と見れる機会は少ないので興奮しかしない。

今にも叫び声が聞こえてきそうな「表情」のクオリティは息を飲むほどで。

f:id:mousouryoku:20181224181030j:plain

映画で注目すべき「目」も忠実に再現されている。

f:id:mousouryoku:20181224181147j:plain

劇中の揺蕩う(たゆたう)目は絶対に見るべきで。

そのワンシーンを思い出しながらフィギュアを手に取ると、興奮は「何度でも」蘇る。

この1体を「確実」に手に入れるためだけに箱買いしたのも過言では無いほど、震えるくらいカッコイイ「怒り」状態のブロリー。

大満足の仕上がりに喜びを隠せそうにない。

このサイズ感は是非、他のアドバージシリーズと並べて体感して欲しい。

f:id:mousouryoku:20181224181348j:plain

圧倒的存在感を「あなたの目」で見て、興奮して欲しい。

  • ゴジータ(超サイヤ人ブルー)

f:id:mousouryoku:20181224181600j:plain

こちらもアドバージ6のゴジータと「一部」同じ金型を使用。

とは言え、やはり見れば見るほど別キャラ感は分かる。

f:id:mousouryoku:20181224181840j:plain

その立ち姿は神々しく。

やや下向きで凛々しい表情に「本気」を感じて。

f:id:mousouryoku:20181224182024j:plain

圧倒的に「落ち着いた色彩」なのに圧倒的な「存在感」を放つ1体。

落ち着かせた色彩が「青の輝き」を引き出し、塗装のクオリティが立ち姿を映えさせる仕上がり。

f:id:mousouryoku:20181224182757j:plain

どこの角度を切り取ってもゴジータで。

威風堂々「なのに」余裕しか感じない後姿は何時間でも眺めていられる。

f:id:mousouryoku:20181224182935j:plain

質感自体は同じ金型で大差は無いようにも思えるけど、塗料の違いがハッキリと分かって。

ゴジータがツヤのある仕上がりならゴジータ(超サイヤ人ブルー)はシックで落ち着いたマッドな仕上がりとなって、明確に「区別」しているのが分かる。

この落ち着いた色彩からの際立つ「青」はあなたの肉眼で穴が開くほど見て欲しい。

f:id:mousouryoku:20181224183311j:plain

もちろんアドバージらしく映画のワンシーンを再現するのはあなたの、自由だ。

  • ブロリー(超サイヤ人フルパワー)

f:id:mousouryoku:20181224183440j:plain

映画の中では「最後の最後の直前」でこの姿になる。

旧作でもお馴染みのお姿がこちら。

f:id:mousouryoku:20181224183616j:plain

『全てが規格外!』

映画でも規格外の強さを誇り。

アドバージでも規格外の大きさで。

作る側の気合の入り方すら規格外と感じる仕上がり。

  • 怒髪天な髪の表現。
  • 筋肉の質感。
  • ブロリーらしい表情。
  • 残された良心の証である緑のモフモフの再現度。

塗装ムラも見当たらず、それどころか「緑」をイメージしたブロリーの「紫」のタイツの質感・足の筋肉の表現は惚れ惚れしか、しない。

毛量さえも増えた「緑がかった超サイヤ人らしからぬ髪」の再現度は横から見るべきで。

f:id:mousouryoku:20181224183748j:plain

ブロリーらしさの象徴である「盛り上がった筋肉の隆起」は背面から飽きるまで、溜息ばかりをつきながら見て欲しい。

f:id:mousouryoku:20181224184550j:plain

サイズ感に驚いたブロリー(怒り)の上をいくサイズ感で。

一回り「大きい」事がお分かり頂けると思う。

f:id:mousouryoku:20181224185807j:plain

胸板に至っては1.5倍(目視)にも感じて。

力の奔流を感じて。

美しいまでの筋肉たちを見比べて欲しい。

f:id:mousouryoku:20181224185835j:plain

背中に至っては甲乙つけがたいほどのクオリティで。

超サイヤ人フルパワーへと覚醒するまでの「過程のストーリー」を思い返すだけで興奮しかしなくて。

f:id:mousouryoku:20181224190123j:plain

ゴジータ(超サイヤ人ブルー)と対峙させる事で映画のクライマックスのシーンは脳内で何度も何度も簡単に再生できる。

f:id:mousouryoku:20181224190405j:plain

胸が熱くなる。

文字通り胸が熱くなる映画のワンシーンをアドバージで再現してみてはいかがだろうか?

もちろん。

全てを並べて、映画の「流れ」を思い出しながら飾るのも楽しい。

f:id:mousouryoku:20181224190625j:plain

食玩を飾るのなら100均のケースで十分で。

あなたの思い通りの配置で飾って、映画のワンシーンたちを何度も、何度も思い出して欲しい。

f:id:mousouryoku:20181224190924j:plain

ドラゴンボール「アドバージ9」ムービースペシャルで映画のワンシーンを。

最後に

前半の「塗料の付着」にガッカリの連続でしたが、終わってみれば興奮しかしませんでした。

やはり、ブロリー2体の仕上がりが「アドバージ史上最高レベル」だったのは大きい。

他のキャラたちの多少の塗装ミスや、ムラがチャラになるほど大迫力のブロリーたち。

大満足の「セット」内容でした。

個人的にはオススメのセットですが、個別での販売もあるので「作り込まれた」ブロリーたちだけでも手に入れてみてはいかがでしょうか?

まずは「これぞアドバージ!」なブロリーたちだけでも。

それでは

ん~!良い人生を!