妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ファミマ限定「森永製菓」ガトークラシックが本格的以上に本格的な食感。重厚なチョコレートを格式高い食感で楽しもう!




しっとり濃厚チョコレートケーキ

 アイス「なのに」ケーキ。

大好きなチョコレートケーキが、大好きなアイスで楽しめる。

こんな幸せがあって良いのだろうか?

2019年1月15日にファミリーマート「限定」で新発売。

森永製菓「ガトークラシック」が数量「限定」で登場。

超大好物なチョコレートのガトーを全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ファミマ限定「森永製菓」ガトークラシックが本格的以上に本格的な食感

 

f:id:mousouryoku:20190115221649j:plain

お値段は税抜き価格184円。

税込価格で194円。

ファミリーマート限定でアイスなガトーショコラ(クラシックショコラと意味は同じ)と言えば、赤城乳業の「フローズンスイーツ」の味が脳内ですぐさま再生されて。

www.mousouryoku.com

あまりの人気に「発売日からわずか3ヵ月も経っていない」のに再販されるほどで、筆者も複数ストックしているけど減る度に不安になる。

また出会える保証は無いから。

だからこそ比べてしまう訳で。

  • ファミリーマート「限定」だから、
  • 発売期間が被ってるから、
  • 同じチョコレートのガトーだから、

比べてしまって申し訳ないけど、その壁はあまりにも高い。

内容量は52ml。カロリーは308kcal。

分類はアイスクリーム。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190115221724j:plain

しっとり食感の濃厚チョコケーキでチョコアイスをサンドしました。 

『チョコ尽くし・・・!』

赤城乳業「フローズンスイーツ」ガトーショコラの事なんて考えなければ、これだけそそられるアイスには興奮しかしない訳で。

構成も至ってシンプルで。

f:id:mousouryoku:20190115221748j:plain

  • しっとり濃厚チョコレートケーキ
  • なめらかチョコレートアイス

シンプル「な上に」チョコレートだけで。

チョコレートケーキを。

チョコレートアイスを。

ガトー・クラシック・オ・ショコラを楽しめる・・・?

うん。

今は忘れよう。

全てを忘れて目の前にある「ガトークラシック」を楽しもう。

開封の舞も吹っ切れた気分で済ませて清々しい。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190115221818j:plain

『絶対美味しいやつ・・・!』

見ただけで分かる、しっとり感。

持つと分かる、ぎっしり感。

濃厚に主張する「濃いめ」のチョコレートの風味。

大の大人の手の平にすっぽりと収まるサイズ「なのに」存在感の塊。

食べよう。

絶対に。絶対に美味しいアイスを。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190115221907j:plain

『いや。これ!ケーキだ!!!』

アイスを名乗っちゃいけないと思う。

  • しっとりにも程があるほど、しっとりで。
  • 食べ応えを全力で主張してくるチョコレートケーキ。
  • 上と下の両方でケーキを主張されるのだからアイスは完全に「添え物」で。

チョコレートケーキの美味しさを跳ね上げる役目にしか感じなくて。

f:id:mousouryoku:20190115221942j:plain

頭の中にあるガトーショコラのホロホロなんて食感とは程遠く。

  • しっかりと「まとまったまま」ガトークラシックを主張して。
  • 噛んでも噛んでも、しっとりとしたチョコレート「の」ケーキがお口の中で完成して。
  • チョコレートアイスは「溶けて」喉越しを助けるのがメインの仕事で。

風味高く、甘過ぎず、ほろ苦みをしっとりと、どこまでもしっとりとした食感のままチョコレート「を」主張して、消える。

f:id:mousouryoku:20190115222137j:plain

『クラシックってこういう事なのか!?』

明らかに食べ慣れたガトーショコラ「じゃない」食感で。

  • 香り高い風味はガトーショコラで。
  • 主張するのに後を引きずらない甘さもガトーショコラで。
  • しっかりとしたほろ苦みはまるで高級なガトーショコラで。

しっとりとまとまって、チョコらしく溶けて消えていく食感に、クラシックな「格式」すら感じてしまう。

f:id:mousouryoku:20190115222214j:plain

『ケーキです。アイスなのにケーキです。』

やっぱりアイスは脇役で。

冷たさがケーキのアクセントで。

重厚なチョコの広がりを助けて。

ケーキの喉越しを豊かにする繋ぎで。

その名脇役っぷりに感心しかしないけど、やっぱりアイス「なのに」ケーキでしか無いと思う。

新しいようでクラシックな「格式高い」ケーキをアイスと共に楽しんでみてはいかがでしょうか?

ファミリーマート限定。

森永製菓「ガトークラシック」を。 

最後に

 

反省しかしていない。

比べる対象じゃなかったです。

当たり前に「別物」で。

当たり前に「違う」美味しさで。

ガトーショコラ「じゃないのに」ガトーショコラのように重厚なチョコレートを感じるケーキ。

本格的以上に本格的な食感のアイスなのにケーキを、あなたも楽しんで欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!