妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ファミマ限定「赤城乳業」北海道産練乳のいちご氷バーが赤城しぐれ。無敵の美味しさを楽しんで欲しい。




作っている会社を見た瞬間、懐かしい空気感に包まれた。

『絶対に、絶対に食べた事がある。』

小さい頃の思い出が「ワッ」と蘇ったアイスに出会った。

ふらっと立ち寄ったファミリーマートで、出会った。

2019年4月23日に何度目かの新発売。

夏を「強く」感じさせてくれるアイスが登場。

期間限定・数量限定。

ファミリーマートコレクション。

赤城乳業「北海道産練乳のいちご氷バー」。

懐かしさと共に全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ファミマ限定「赤城乳業」北海道産練乳のいちご氷バーが赤城しぐれ

 

f:id:mousouryoku:20190504153132j:plain

お値段は税抜き価格84円。

税込価格で90円。

FamilyMart collection(ファミリーマートコレクション)としても、何度目かの発売で。

正直な話、筆者がわざわざ「記事」にする必要のないほど、語り尽くされた味で。

それでも『記事にしよう!』と思ったのは、作っている会社を見たからで。

本日は「それ」をメインに話をしていきたい。

内容量は90ml。カロリーは106kcal。

分類はラクトアイス。

無果汁。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190504153202j:plain

  • 北海道産練乳のいちご氷バー

いちご味のかき氷をバニラアイスで包んだバーアイスです。

かき氷の中にはやさしい甘さの北海道産練乳入りです。 

  • どこにでもある、誰でも食べた事のある国民的な味。
  • 練乳「と」いちごのかき氷を、バニライアイスで包んだ「誰でも想像出来る」味。
  • 夏に食べると120%美味しいと、みんなが知ってる味。

だから。

わざわざ記事にする必要性は感じなかった。

でも。

作っている会社を見た瞬間、色んな記憶が蘇った。

製造者:赤城乳業株式会社

f:id:mousouryoku:20190504153411j:plain

筆者は赤城乳業の大ファンである。

赤城乳業が作るアイスの「全てを」食べ尽くしたいのに、未だに出会えていないアイスが多過ぎるのが最近の悩みである。

そんな「赤城乳業」の文字にテンションが上がったけど。

それ以上に、頭の中に靄(もや)がかかる。

『不思議な感覚。』

  • 文房具屋で買ったっけ?
  • 家の冷凍庫にあったっけ?
  • 近所のおばちゃんに貰ったっけ?

おぼろげに。

小さい頃の記憶が「徐々に」蘇って。

似たようなアイスを食べた記憶が「どんどん」鮮明になって。

赤城乳業、赤城乳業、赤城乳業、という文字を繰り返し見る事で、完全に記憶が蘇った。

『そうだ!!!赤城しぐれだ!!!!!』

f:id:mousouryoku:20190504133534p:plain

※赤城乳業「公式」ホームページより引用※

赤城しぐれの歴史は古く、昭和39年(1964年)に発売されて以来、今でも愛されているアイスである(カップ)。

ガリガリ君の「大先輩」に当たる、直系のかき氷のアイス。

残念な事に、生活圏内にあるスーパーでは赤城しぐれ(マルチ)の取り扱いがなくて。

すっかり存在を忘れていた。

『そうか、小さな頃から赤城乳業にお世話になっていたのか・・・。』

小学校の夏休みの毎日を、ガリガリ君をメインに、赤城しぐれと、その他大勢のアイスたちと過ごしていた記憶。

その赤城しぐれが。

姿を、名前を変えて。

今、目の前に、ある。

f:id:mousouryoku:20190504153338j:plain

食べよう。

いつ食べても100%美味しいアイスを。

熱い日差しの下で食べると120%美味しいアイスを。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190504153443j:plain

『愛してます!』

いつ食べても「変わらない」安定の美味しさ。

  • 「シャクッ」とミルクアイスを噛めば、「とろ~り」と練乳があふれて。
  • 冷凍されていたはず「なのに」ねっとりと舌にまとわりついて。
  • しっかりとした、真っすぐな練乳らしい練乳の甘さを広げて。

f:id:mousouryoku:20190504153506j:plain

  • ガリガリ君を思わせる、豊かな食感の氷の粒を「シャリシャリッ」と噛めば、風味高くイチゴが香って。
  • 瑞々しくサッパリしたかと思えば「すぐ」練乳がまとわりついて、イチゴ練乳が完成して。

f:id:mousouryoku:20190504153530j:plain

  • 絶妙なイチゴ練乳の「甘サッパリ」を楽しんでいると、ミルクアイスがしなやかに溶けて。
  • 甘サッパリとしたイチゴ練乳に「ミルキーさ」を演出して。

練乳の甘さ「と」いちご味のかき氷のサッパリさを、際立たせる。

f:id:mousouryoku:20190504153559j:plain

『120%美味しい!』

  • 安定の美味しさ。
  • 抜群の美味しさ。
  • 最高の美味しさ。

どう形容しようとしても、語り尽くされて、言葉が陳腐に思える美味しさ。

それでも。

好きな表現をしても許されるのなら。

無敵の美味しさ。

思い出補正がかかった上で、いつ食べても変わらない美味しさを誇るのなら。

そのアイスは無敵だと思う。

赤城乳業の赤城しぐれ(バー)と同じく、練乳は最後の最後まで詰まっていて。

f:id:mousouryoku:20190504153627j:plain

120%の美味しさを、今も昔も変わらない美味しさを、無敵の美味しさを、楽しめる。

お近くのお店で、赤城しぐれ(マルチ)を取り扱っていない、赤城しぐれを食べたいあなたに贈る。

ファミリーマートに行けば、出会える可能性がある。

懐かしさを抱えて向かって欲しい。

期間限定・数量限定。

ファミリーマートコレクション。

赤城乳業「北海道産練乳のいちご氷バー」を目指して。

最後に

 

複数ストック確定。

というか、すでにストック済み。

同日に発売された、赤城乳業「北海道産練乳のいちご氷」(カップ)もストックしてます。

近くのお店で「練乳最後まで赤城しぐれ(マルチ)」が見当たらないなら。

ここ数年「赤城しぐれ」を食べたいのに、食べれていなければ。

ファミリーマートに行けば、同じ赤城乳業の「変わらない味」を楽しめます。

期間限定・数量限定なので、あなたの全速力で確保に向かって欲しい。

あなたの、この夏の相方になる事を願って。

それでは

ん~!良い人生を!