妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「炒め油香る」チャーハンが右肩上がりのパラパラ感。まるで作りたてのチャーハンである。




悔しいけど美味しかった。

筆者はアイスを愛する人である。

セブンイレブンの冷凍コーナーが「徐々に」冷凍食品たちに支配されつつある現状は悔しくて。

ただでさえ入れ替わりの激しいアイスたちのスペースは「これから先」減る事はあっても、劇的に増える事は難しいと思う。

それだけ「セブンイレブンの冷凍食品たち」の活躍は目覚ましい。

2019年11月20日の発売以来「幾度も」話題になった冷凍食品。

セブンプレミアム「炒め油香る」チャーハン。

何の事はない。

1人前の美味しいチャーハンがカップ容器に入って、買って温めてもらえば「すぐ」食べれるだけの事だ。

丁度チャーハンが食べたかったので買ってみた。

そんな軽い気持ち「から」記事にまでしようと思った美味しさを全力でレビューしていこう。

セブンの「炒め油香る」チャーハンが右肩上がりのパラパラ感

 

f:id:mousouryoku:20190505143743j:plain

お値段は税抜き価格198円。

税込価格で213円。

内容量は170g。カロリーは330kcal。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190505143911j:plain

発売当初は、地域先行商品で。

発売から半年近くなった今では、安定的に全国のセブンイレブンで取り扱っている。

※一部取り扱いのない店舗もあります※

セブンイレブンのチャーハンと言えば、THEセブンチャーハンが真っ先に思い浮かんで。

どれだけ技術が跳ね上がっても冷凍チャーハンには「演出しにくい」パラパラ感で、見かける度に選んでしまうようになった「高リピート」のチャーハン。

www.mousouryoku.com

サンドイッチが食べたかったはず「なのに」チャーハンのおにぎりタイプを買ってしまうほどセブンイレブンのチャーハン好きを自負する。

筆者から言わせれば、セブンイレブンのチャーハンの「選択肢」が増えただけの事。

  • 手間をかけず、お家でゆっくり食べたい時は「いつもの」お弁当タイプ。
  • 出先でパパッと食べたい時は「お手軽な」おにぎりタイプ。

丁度その「中間辺り」なのが、今回のカップ容器タイプ。

温めをお願いさえすれば、食べれる場所を選ばず、丁度良い1人前で、食べやすい形状。

「お家」と「出先」に、「どこでも」が加わっただけの事。

『あれ・・・?超画期的じゃん・・・。』

その利便性に気が付いた時に感動した。

感動したけど問題は「まだ」残っている。

セブンイレブンの商品だけど、製造しているのは「味の素」である。

f:id:mousouryoku:20190505144115j:plain

味の素の「焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ☆チャーハン600g」はガッツリ食べたい時には究極のコスパを誇る。

誇るけど、冷凍食品ゆえの「べたつき」は多少、付きまとう。

場所を選ばず、食べやすい形状だとしても、パラパラ感が劣れば選択肢に入らない。

味が美味しい事は分かっている。

分かっているけど、セブンイレブン「の」お弁当タイプのチャーハンのパラパラ感を知っているからこそ、厳しめにレビューをしようと思う。

召し上がり方は電子レンジ専用。

f:id:mousouryoku:20190505144205j:plain

  • 500W(ワット):約3分40秒
  • 600W(ワット):約3分10秒
  • 1500W(ワット):約1分20秒

フタを点線まではがして、指定された熱量と時間で、加熱後「しっかり」混ぜる。

フライパンで調理できない事で「べたつき」は強めに残る気がするけど、果たしてどうなるのであろうか?

f:id:mousouryoku:20190505144300j:plain

家庭用電子レンジで待つ事3分弱。

後は、しっかりと混ぜるだけ。

驚く程お手軽に、完成だ。

f:id:mousouryoku:20190505144330j:plain

チャーハンの「旨み」が香り。

少し「スパイシー」な香りが食欲をかきたてる。

味が美味しいのは当たり前だ、ザ☆チャーハンを世に贈り出している「味の素」が作っているんだ。

問題は「パラパラ感」のみ。

さぁ食べよう。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190505144413j:plain

『旨っ!』

しっかりとした味付けかと思いきや「サッパリ」とした旨み。

  • チャーハンらしく「炒め油」が香ばしく香って。

王道の具材がチャーハンらしさを跳ね上げる。

f:id:mousouryoku:20190505144442j:plain

  • チャーシューが歯応えよく、肉汁の「旨み」をお米に伝えて。
  • ふわふわの卵が「甘み」を演出して。
  • 存在感のあるネギが「香ばしさ」を押し上げて。

サッパリとした口当たり「なのに」広がるのは、残るのは、確かな旨み。

f:id:mousouryoku:20190505144655j:plain

まるでラーメン屋さんのチャーハン。

当たり前に「美味しさ」は一級品。

何よりも気になったパラパラ感は、右肩上がり。

f:id:mousouryoku:20190505144738j:plain

混ぜ始めは「塊感」が強く、電子レンジで調理したならではの嫌味なねっとり感があった。

そう。

あった。

  • 電子レンジ特有の「熱さ」が落ち着いてくる度に、お米たちはパラパラになって。
  • スプーンでほぐせば、ほぐすぼどお米たちは1粒、1粒主張して。

まるで香ばしい炒め油が「全体」に行き渡ったかのように、スムーズにお口の中でほどける。

f:id:mousouryoku:20190505144851j:plain

『あっ。これめっちゃ美味しいチャーハン!』

味についての文句「は」一切ない。

  • 王道感あふれる素材たちで。
  • 真っすぐに王道な「香ばしい旨み」を。
  • バランスの取れた油加減で。

食べ応え「と」食べやすさを両立している。

f:id:mousouryoku:20190505144938p:plain

当然、パラパラ感についての文句「も」少ない。

  • 食べ始めこそ『んっ?』となるべたつき感は、あった。
  • あったけど。
  • 熱さが落ち着いて、スプーンでほぐしながら食べると「パラパラ感」は右肩上がり。

少し「物足りなさ」が残る量の事を除けば完璧に近い、まるで「作りたて」のチャーハンを楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190505145039j:plain

『セブンイレブンのチャーハンの選択肢の中に余裕で入ってきた!』

  • 手間をかけず、お家でゆっくり食べたい時は「いつもの」お弁当タイプ。
  • 出先でパパッと食べたい時は「お手軽な」おにぎりタイプ。
  • 食べる場所を選ばない「便利な」カップタイプ。

サイズ感の違いで、組み合わせ出来る「幅」が広がった。

チャーハン「が」食べたい時。

チャーハン「も」食べたい時。

これから先もセブンイレブン通いは止めれそうに、ない。

あなたも。

お腹の空き具合でセブンイレブンのチャーハンを選んで欲しい。

カップ容器に入ったチャーハンも美味しい。

セブンプレミアム「炒め油香る」チャーハンが美味しい。

最後に

 

悔しいけど美味しかったです。

振り返って考えるとお値段も200円程度。

お腹の空き具合によってはその200円でアイスを買うか、チャーハンを買うか迷う時がくるかもしれない。

迷わずアイスを選ぶ人間で居続けたいけど、お腹が空いてる時のチャーハンの誘惑には勝てそうに、ない。

たったの200円で、まるで作りたての美味しいチャーハンが味わえるのなら。

その魅力は絶大である。

それでは

ん~!良い人生を!