妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

セブンの「濃厚」生ちょこもちは1個まるごと食べると美味しい。あの生ちょこもちが濃厚になって帰ってきた。



スポンサーリンク



今、筆者は歓喜で震えている。

初めて食べたのは2018年2月10日。

あの時の衝撃は今でも忘れられず。

2018年も終わりが近づいたのに、未だに2018年の「ナンバーワン」スイーツ候補がある。

セブンイレブン「生ちょこもち」である。

それが。

パワーアップして帰ってきた!

セブンイレブン「濃厚生ちょこもち」

期待値はとんでもなく、高い。

果たして「濃厚」になった生ちょこもちは、生ちょこもちを抜く事が出来るのか?

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

セブンの「濃厚」生ちょこもちは1個まるごと食べると美味しい

 

f:id:mousouryoku:20181106153045j:plain

お値段は税抜き価格100円。

税込価格で108円。

生ちょこもちが「税込100円」のワンコインで買えた事を考えると少しだけ『ぐぬぬっ』と思った。

少しだけ。

その分「濃厚」に期待してレビューを続けよう。

内容量は3個入り。

カロリーは114kcal(1個当り38kcal)。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181106153246j:plain

100円を超えたとは言え、1個当りのお値段が36円と考えると相変わらず驚きのお値段ではある。

早速、濃厚になって帰ってきた「生ちょこもち」を見てみよう。

開封の舞も期待を込めて、全力を超える全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181106153313j:plain

『久しぶり!』

「ぱっと見」は変わっていないように見えるけど。

中身はきっと濃厚。

ついでだから「パカッ」と中身も見てみよう。

f:id:mousouryoku:20181106153403j:plain

ん~?

おもちが分厚くなって、生チョコが少なくなっているようにも見える。

果たして。

初めて食べた時の「あの」感動の美味しさを超える事は出来るのだろうか?

www.mousouryoku.com

全力で思い出しながら!

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181106153708j:plain

『んっ!?大分違う!』

生ちょこもちのイメージのまま食べてみたら大分、違う。

  • 生ちょこもち「より」ココアパウダーはほろ苦く。
  • 生ちょこもち「より」お餅は分厚く、もちもちで、しっかりと。
  • 生ちょこもち「より」生チョコはしっかりと、ゆっくりと溶けて。

生ちょこもちを「大人」にしたような。そんな感覚。

「あの」お餅の口溶けを、「あの」生チョコの口溶けをイメージしていた筆者にとっては少し残念に思えて。

『ちょっと期待外れ・・・』

濃厚と言うほど濃厚じゃないし。

物足りない感の方が強くて。

甘くないおもちの主張の方が強い。

とは言え「残り2個」もある。

この時点で記事にするかどうか迷っていたけど『丸ごと1個食べてないなぁ』と思って。

写真撮影だけ済ませて。

f:id:mousouryoku:20181106153857j:plain

何気なく食べてみた。

f:id:mousouryoku:20181106153930j:plain

『!?』

『この「濃厚」生ちょこは半分じゃダメだ!』

『1個まるこど食べないとダメだ!!!』

後から湧き上がってくる「濃厚」さ。

口溶けは想像以上にゆっくりで。

  • ほろ苦いココアパウダーが舌に広がって。
  • 甘さ控えめのお餅はもっちりで。
  • 甘さとは無縁の食感を楽しんでいると「突然」生チョコが主張し始めて。
  • ビターな生チョコは溶ける度に「存在」を主張し続けて。
  • 喉の奥を「キュンッ」とするほどのチョコの、大人の甘さの濃厚なチョコを残して。
  • もちもちのおもちで喉を洗い流しても濃厚で。

甘くない状態から甘い状態への「振り幅」がすごくて。

甘くなってからの濃厚さの「持続」がクセにしかなりそうにない。

f:id:mousouryoku:20181106154212j:plain

『ごめん!美味し過ぎた!!!』

お口に頬り込むには最適な大きさで。

お口に入れた瞬間から大人のほろ苦さで。

  • 噛めば、噛むほどしっかりとしたおもちで。
  • 溶ければ、溶けるほど濃厚なチョコレートで。
  • 飲んでも、飲んでも濃厚さが残って。
  • お口に、喉に「濃厚な」チョコレートを強烈に残して。

分厚く、もっちもちになったおもちで「1個1個」の満足感を跳ね上げているのも嬉しいポイント。

半分だとその全てが半減しているので、物足りなさを覚えるのは当たり前で。

可能ならば、1個まるごと食べて欲しい。

濃厚な大人の甘さが「突然」現れるような、大人の生ちょこもちを全力で楽しんで欲しい。

セブンイレブン「濃厚」生ちょこもちを。

最後に

 

美味しいです。

大人の甘さで、大人の濃厚さで美味し過ぎるくらいに美味しいです。

が。

正直に。

全力で正直に話すと普通の「生ちょこもち」の方が好きです。

あの口溶けたちが。

あの生チョコ感が。

あの余韻が。

新作の「濃厚」生ちょこもちでも2018年のナンバーワンスイーツ候補の生ちょこもちの座は揺るがなかった。

それでは

ん~!良い人生を!