妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ファミマ「限定」たっぷりクリームブリュレがちょっと良いアイスで美味しい。子供心を忘れていないあなたに食べて欲しい。



スポンサーリンク



ソフトクリーム「なのに」クリームブリュレ。

ちょっと何を言ってるか自分でも分からない。

2018年11月13日にファミリーマート・サークルKサンクス「限定」、数量「限定」で新発売。

赤城「たっぷりクリームブリュレ」

赤城乳業の「再現度」をこよなく愛する筆者。

『ソフトクリームでクリームブリュレを?』

『クリームブリュレのカラメリーゼしたパキパキの食感とは真反対のソフトクリームで?』

全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ファミマ「限定」たっぷりクリームブリュレがちょっと良いアイスで美味しい

 

f:id:mousouryoku:20181113153234j:plain

お値段は定価で税抜き価格184円。

税込価格で198円。

以前にもファミリーマート限定で赤城「スーパーソフト」クリームブリュレの商品名で売られていた事は知っている。

が。

今回は「スーパーソフト」の言葉が消えて「たっぷり」へと変わっている。

f:id:mousouryoku:20181113153311j:plain

どのみち「初めて」食べるアイス。

ひたすらに美味しく食べて、ひたすらに全力でレビューするだけだ。

内容量は220ml。カロリーは267kcal。

分類はラクトアイス。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20181113153344j:plain

ほろにがカラメルソース

クリームブリュレ感は今の所、この言葉からしか伝わってこない。

f:id:mousouryoku:20181113153407j:plain

何を語っても始まらない、全ては食べてみなければ分からないだろう。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も「たっぷり」のクリームブリュレを食す前だ、

全力を超える全力で済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20181113153452j:plain

『伝われ!このサイズ感!』

どこか懐かしさを覚えるフォルムで。

香ばしいコーンは昔ながらの香りで。

ずっしりと手に「響く」重さが、何だか嬉しくて。

お腹いっぱいにアイスを食べたい「大人の」子供心をくすぐりまくる。

f:id:mousouryoku:20181113153528j:plain

見るからに、クリームブリュレらしいパキパキ食感は感じれないけど。

そんな事はどうでも良くて。

無条件に「大きく」かぶりつきたい。

開けた瞬間から「口の周りをベトベトにしても良いくらい」食べたい欲求に駆られている。

横にしても「倒れない」ソフトクリームのアイスなんて子供の頃からの大好物なんだ。

食べる。

全力で。

何も考えずに。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20181113153625j:plain

『ちょっと良いプリンのアイス!』

お口に入れた瞬間から懐かしさを覚える「しっとり」とした食感で。

  • 口溶け良く溶けて、「フワッ」とカスタードの優しい甘さを広げて。
  • 優しい甘さの中にはしっかりと「卵」の味があって。
  • 軽い甘さなのにちゃんと「卵」のコクもあって。

いつもより「美味しい」ミルキーなプリンの味で。

カラメルソースがそのプリンの美味しさを跳ね上げる訳で。

  • ほんのり香ばしく。
  • ほろ苦く。
  • 濃厚に。

プリンの美味しさをひたすらに「底上げ」してクリームブリュレ感を演出する。

f:id:mousouryoku:20181113153717j:plain

『好き・・・このアイス。』

赤城乳業の「再現度」に常に期待している食感マニアな筆者。

今回ばかりはパキパキ食感の再現をしようがなくて。

『そこは残念だな・・・』と思いながら飲み込むと「まるで」クリームブリュレで。

  • ラクトアイスらしく「周りから」溶けるアイスの中心はねっとりで。
  • まとわりつくように喉を通り抜ける「喉越し」はクリームブリュレそのもので。
  • カラメルソースの風味とカスタードの風味が「ねっとり」と喉を通る時が最高にクリームブリュレしている。

もし。この喉越しを赤城乳業が「狙って」作っているとしたら声が枯れるまで叫び続けたい。

食べた事の無い人へ向かって、『このアイス美味しいですよ!』と。

大容量で「たっぷり」にも関わらずペロリと食べれる軽さで。

f:id:mousouryoku:20181113153857j:plain

食べ切った後に、冷え過ぎたお口に「コーンの癒し」は嬉しくて。

美味しくて、力強く握って「シナシナ」になったコーンでさえも美味しそうで。

懐かしさを覚える風味が、柔らかさがたまらなく愛おしい。

f:id:mousouryoku:20181113153951j:plain

香ばしくふんわりと、なのに噛む度に「ギュッ」と固まるコーンは想像通りの美味しさで。

最後まで渦を巻いて、かけられているカラメルソースのほろ苦さを跳ね上げて。

童心に帰れる甘さに「ちょっと大人な味」を演出している。

f:id:mousouryoku:20181113154126j:plain

『お腹いっぱい。ごちそうさま!』

また食べよう。

今度は子供達と一緒に。

そう強く思った「赤城乳業」たっぷりクリームブリュレ。

最後に

 

大人になったあなたに一番食べて欲しい。

大人になったあなたの「子供心」をくすぐるアイス。

子供の時に食べた「ちょっと良いアイス」を思い出しながら食べて欲しい。

きっと笑顔にしかならないから。

それでは

ん~!良い人生を!