妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

コンビニ限定「苺のダースアイスバー」の美味しさと再現度がヤバイ。探して!探してでも食べて!




待って?何で「超絶な」話題になっていないの?

書きたくても時間が無くて、書けなかったアイスの話があって。

完全に出遅れた感「しか」なかったのに、そこまで話題になっていない・・・?

2019年2月18日にコンビニ「限定」で新発売。

森永製菓「苺の」ダースアイスバー。

苺「の」ダースなアイスを全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

コンビニ限定「苺のダースアイスバー」の美味しさと再現度がヤバイ

 

f:id:mousouryoku:20190222125731j:plain

お値段は税抜き価格140円。

税込価格で151円。

発売日の当日に大手コンビニは「全て」回ったけど、出会えなくて。

発売日の翌日にファミリーマートで出会える事が出来た。

しかも。

いつもは行かない、遠く離れたファミリーマートを3軒回って、やっと出会えた。

話題になっていないのではなくて、「まだ」話題になるほどの出荷量ではないと信じたい。

内容量は83ml。カロリーは205kcal。

分類はアイスクリーム。

いちご果汁10%。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190222125802j:plain

苺のダースと言えば、1年近く前に新発売されて。

発売以来、見かける度にリピートを繰り返していて。

森永ダースの「新」定番として、定着したイメージが筆者の中ではある。

www.mousouryoku.com

1年近く前に自分で書いた記事を読み返して、『下手くそか!』とツッコミたくなったのは内緒で。

それでも。

今なお、検索の上位に居る事は奇跡としか思えない。

そんな思い入れの深い「苺の」ダースがアイスになって登場したのだ。

『期待しない訳が、ないじゃないか!』

もう食べたくて「ウズウズ」しかしてない。

早速、そのお姿から見てみよう。

開封の舞も「苺の」ダースをイメージしながら済ませた。。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190222125938j:plain

『苺「の」ダースの香り!』

ダース「の」チョコレートらしいチョコレートの香りが、香って。

その奥から「ふわふわ」と香ってくる甘酸っぱい香りは、紛れもなく、苺で。

苺のダース「そのもの」な香りで、美味しさへの期待値を跳ね上げる。

すぐさま、ダースアイスバーの「再現度」を思い出して。

www.mousouryoku.com

美味しさへの期待値と「共に」再現度への期待値も右肩上がりだ。

食べよう。

苺のダースをアイスバーにしただけのご馳走を。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190222130150j:plain

『完璧・・・!』

パキンッと割れた瞬間から「苺」が華やかに、広がって。

  • 舌に届いた瞬間に「ダースのチョコレート」が甘く、広がって。
  • パキパキッと噛み進めれば苺が甘酸っぱく、瑞々しく、広がって。
  • 溶け合う度に「苺のダース」が完成に近づいて。

苺らしく甘酸っぱく、瑞々しくなったお口の中に「最後まで残る」ダースらしいチョコレートが甘く、じわりと溶けた時、苺のダースが完成する。

f:id:mousouryoku:20190222130229j:plain

『完璧にも程があるぞ・・・。』

森永製菓が「謳う」言葉がこちらで。

甘酸っぱいイチゴアイスとコーチングチョコがとけあう

文字通り「とけあって」。

  • アイスらしく、冷たく「とけあって」。
  • ダースらしく、外側と内側の素材が「とけあって」。
  • 苺のダースが、アイスになっただけとしか思えなくて。

完璧に、アイス「で」苺のダースを再現している、ご褒美アイス。

f:id:mousouryoku:20190222130303j:plain

『歓喜の美味しさ!』

甘酸っぱくフルーティな「苺」で、あふれて。

  • 徐々に「苺チョコレート」へと、とけあって。
  • 苺が消えていく度に「チョコレート」が、主張して。
  • 苺チョコレートの余韻に浸っているヒマはなくて。

最後に強く主張する「チョコレート」が、ダースらしく甘く溶けたら、もう虜にしかならない。

苺のダースアイスバーの虜に。

f:id:mousouryoku:20190222130333j:plain

『苺のダース好きのあなた!』

探してでも食べるべきだ。

『苺のダースをアイスで再現しただけ。』

この言葉だけで、苺のダース好きなあなたが「動く」事を願う。

最後に

 

発売日から、仕事の合間を縫って大手コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)を複数軒とポプラ数軒を駆け回りました。

苺のダース好きで、アイス好きだから。

使命感と共に駆け回りました。

見つかったのはファミリーマートだけで。

そのファミリーマートでも置いてあるお店の方が少なかったです。

これから。

これから「もっと」多くのコンビニで出回って欲しい。

そして。

多くのダース好きに。

アイス好きに。

ストロベリーチョコレート好きに。

苺のダースが大好きな、あなたに。

全力で食べて欲しい。

この「美味しさ」と「再現度」を全力で楽しんで欲しい。

コンビニ限定「森永製菓」苺のダースアイスバーを。

それでは

ん~!良い人生を!