妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ドラゴンボール「アドバージ10」のレビュー。節目でついに原作最強形態の登場!


原作最強。

どれだけドラゴンボールの物語が続き、広がっても「それは」揺るがない。

後付けで「もっと」強いキャラクターが出ても、「絶対」に覆せない。

その原作最強のキャラクター達が「ついに」登場。

2019年3月25日に新発売。

ドラゴンボール「アドバージ10」

後、1週間早ければ3月18日の「サイヤの日」で盛大に盛り上がれたのに、と思った事は内緒にしておこう。

節目となる「第10弾」で、孫悟空とベジータの「原作単体最強形態」と、原作の「ラストボス」が同時に収録された。

f:id:mousouryoku:20190325162418j:plain

当たり前のように全力で手に入れた。

興奮のレビューを全力でしていこう。

ドラゴンボール「アドバージ10」のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190325162346j:plain

お値段は「1個の定価」が、税抜き価格500円。

税込価格で540円。

あまりにテンションが上がり過ぎてBOX買いしそうになったけど。

今作「も」BOX買いだと10個入り。

コンプリートは出来るけど「どうしても」ダブってしまうので、馴染みのおもちゃ屋さんで厳選(ダブらないように)して購入。

直近の前作、ドラゴンボール「アドバージ9」ムービースペシャルと同じく「セット売り」のような販売方法を心から望む。

www.mousouryoku.com

さぁレビューの続きをしていこう。

ドラゴンボール「アドバージ10」のラインナップがこちら。

f:id:mousouryoku:20190325162456j:plain

  • 孫悟空(超サイヤ人3)
  • 魔人ブウ(純粋)
  • 魔人ベジータ
  • グレートサイヤマン(ヘルメットVer.)
  • グレートサイヤマン(サングラスVer.)
  • フリーザ(最終形態)
  • ブロリー(超サイヤ人)

魔人ブウ編の初期に登場したグレートサイヤマンを2種、孫悟空とベジータの「原作単体最強形態」である超サイヤ人3と破壊王子ベジータに加えて、原作のラストボスである魔人ブウ(純粋)を収録した豪華なラインナップ。

そして。

アドバージ9を「補完」するように、ブロリー(超サイヤ人)。

関連するかのように、その映画「ドラゴンボール超」ブロリーからの登場かと思いきや、アニメ「ドラゴンボール超」ラストシーン時のフリーザ。

「豪華」+「補完」+「そこ!?」的なラインナップに仕上がっている。

内容物は共通で。

彩色済み人形1セット/全7種

ガム(ソーダ味)1個入り。

f:id:mousouryoku:20190325162641j:plain

1体のフィギュアに対して1個の台座。

組み立てる「要素」の方が少ないので、安心して欲しい。

ガムは昔ながらのソーダ味。

1個1.6gで。カロリーは5kcal。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190325162620j:plain

昔懐かしいソーダ味を楽しみながら開封していこう。

どれから開けようか迷うけど。

筆者自身が盛り上がる順で開ける!

この手で!

  • グレートサイヤマン(ヘルメットVer.)

f:id:mousouryoku:20190325162734j:plain

『わたしは正義を愛する者

グレートサイヤマンだ!!!』

今でも「あの」バババババン!!と足を動かした登場ポーズは忘れない。

『悟飯が・・・、あのセルを倒した悟飯が・・・・。』

『どうして!?』となった記憶は未だに薄れていない。

そんなグレートサイヤマンが大好きなアドバージになった。

早速、そのお姿を見てみよう。

f:id:mousouryoku:20190325162820j:plain

『ヘルメットを守ってくれている!』

食玩の「細い」突起物はダメージを受けやすい。

折れ曲がりや傷がつかないように、こういった「緩衝材」を巻いてくれる配慮はありがたい。

さぁ飾ろう。

本当は「台座無し」で飾りたいけど、頭部が大きいデフォルメされたアドバージシリーズは自立の安定性に欠ける。

欠けるからこその台座。

その台座に「スッ」とハメ込めば完成。

グレートサイヤマン(ヘルメットVer.)のお姿がこちら。

f:id:mousouryoku:20190325162945j:plain

『右肩上がりのクオリティ!』

食玩で500円は高級クラス。

でも、それだけの価値はある。

発売当時から「クオリティの進化」は止まらないのに、お値段は据え置きのアドバージシリーズは、お買い得なフィギュアだと思う。

  • キャラクターの再現度。
  • 造形の深さ(細かい部分までの作り込み等)。
  • 筋肉の表現。
  • 衣装のシワ。
  • パーツ毎の塗料の質感。

この項目は「常に」高品質。

高品質「どころか」、弾を重ねる度にクオリティは上がっている。

f:id:mousouryoku:20190325163056j:plain

唯一の不満が出るとしたら「塗装ムラ」と「塗装ミス」。

全体的な配色や、パーツ毎の塗装は完璧ながら。

どうしても「細かい」部分でそういったムラやミスは発生する。

今回で言えば、塗装ミスがグレートサイヤマンの証でもある「腕時計型の変身装置」周りで起こっている。

f:id:mousouryoku:20190325163129j:plain

他にもヘルメット周りの「細かい」部分で、境界が曖昧な箇所も発見できた。

それでも。

500円「の」食玩と考えれば、飲み込める程度のもの。

これ「以上」のクオリティを求めるのならば、倍近いお値段が必要になると思う。

f:id:mousouryoku:20190325163211j:plain

それだけアドバージシリーズの「クオリティは高い」という事だけは全力でお伝えしたい。

ここから始まる「魔人ブウ編」の記憶が蘇る仕上がりはいつまで経っても見飽きない。

さぁどんどんいこう!

  • グレートサイヤマン(サングラスVer.)

f:id:mousouryoku:20190325163301j:plain

『かっこいいだろーーー!』

この台詞(セリフ)の後のトランクスの反応は今でも覚えていて。

当時ジャンプで読んだ時に、同じ反応をした記憶がある。

でも。

ここからベジータ参戦が決定し、天下一武道会へと話が進む思い出深いシーン。

f:id:mousouryoku:20190325163404j:plain

『再現度完璧。』

これで少し横を向いていれば、トランクスに自慢しているシーン「そのもの」で。

アドバージだから正面を向いている訳で。

手に取って「脳内」で補正する遊びが楽しい。

もちろん。

フィギュアとしてのクオリティも当然ながら、高い。

f:id:mousouryoku:20190325163332j:plain

マントの躍動感に加え、ターバンの躍動感が加わり、悟飯の存在感が生き生きと引き立つ。

グレートサイヤマンのターバンの色が「原作ではオレンジ」だと言い張ったら信じて貰えるだろうか?

そんな事さえどうでも良いくらいターバンとマントの質感に、今は、感動しよう。

f:id:mousouryoku:20190325163443j:plain

何より、手に取って「飽きるまで眺められる」のがフィギュアの良い所。

並べて「比べる」事が出来るのも嬉しい要素で。

ヘルメットVer.とサングラスVer.を見比べてみよう。

頭部以外は同じパーツのはず「なのに」色味に違いがある事が分かる。

f:id:mousouryoku:20190325163527j:plain

最終的に製造する「ライン(過程)」が違えば、平気でこういう事が起こるのが食玩の世界。

塗装ミスやムラ、俗に言う「個体差」すら楽しんで欲しい。

2人のグレートサイヤマンを見比べながら全力で楽しんで欲しい。

  • フリーザ(最終形態)

f:id:mousouryoku:20190325163608j:plain

『覚えているのかと聞いてるんだァァァーーッ!!』

ドラゴンボール超のラストからの登場。

なので。

あの世の輪っかが付属。

尻尾も別パーツで付属。

f:id:mousouryoku:20190325163707j:plain

それでも組み立ては簡単。

何も迷わず組み立てよう。

安い食玩とは違って、パーツはしっかりとハマる。

f:id:mousouryoku:20190325163944j:plain

『完璧・・・!』

画像で伝わりきるか不安ですが。

完璧に。

完璧にドラゴンボール「超」でのフリーザを思わせる仕上がりとなっています。

基本はシンプルなフリーザ(最終形態)を、表情1つでそう思わせる仕上がりは感動レベル。

f:id:mousouryoku:20190325164130j:plain

フリーザらしい肌の質感の再現度も恐ろしいほど、高くて。

握った「拳」がフリーザの葛藤を演出して。

ここから「第7宇宙の奇跡」が生まれて。

f:id:mousouryoku:20190325164010j:plain

そのフリーザを360度見まわせるのは、文字通りの奇跡。

敵ながら憎み切れない敵として「何度も」登場するフリーザを、フリーザの全身を飽きるまで眺めたい。

f:id:mousouryoku:20190325164054j:plain

後姿の筋肉すら、めちゃくちゃカッコイイ・・・!

  • ブロリー(超サイヤ人)

f:id:mousouryoku:20190325164241j:plain

『ぐぅぅううう!!』

やっと。

やっと揃った。

f:id:mousouryoku:20190325164411j:plain

前作のアドバージ9では2種。

  • ブロリー(怒り)
  • ブロリー(超サイヤ人フルパワー)

その中間であるブロリー(超サイヤ人)が収録されなかった。

今回のアドバージ10での登場で、やっと3体が揃う。

f:id:mousouryoku:20190325164545j:plain

並べてみると「顔が徐々に」下向きに。

筋肉が「段々と」盛り上がっていく等の変化が、分かる。

3体揃ってこそで。

また映画を見ようと思わされるには十分過ぎる迫力。

そもそも台座からして「迫力の」大きさで。

圧倒的な存在感を放つ。

f:id:mousouryoku:20190325164623j:plain

他のキャラとは一線を画している事が一目で分かって。

クオリティに関しては文句のつけようがなく。

アドバージ9と「等しく」ハイクオリティ。

f:id:mousouryoku:20190325164654j:plain

  • 緑のモフモフの表現度は「三度」感動して。
  • アーマーが壊れそうなほど膨らんでいる再現度にも感動して。
  • 登場した「時間」で言えば、そこまで長くないのに強烈なインパクトで。

その登場シーンを見事なまでに再現している。

f:id:mousouryoku:20190325164818j:plain

全力で3体を並べて「何度も」「何度も」映画の余韻に浸って欲しい。

並べて「こそ」分かる違いに、バンダイの商売上手を痛感しながら。

  • 孫悟空(超サイヤ人3)

f:id:mousouryoku:20190325164846j:plain

『・・・これが超サイヤ人3だ』

f:id:mousouryoku:20190325164912j:plain

『カッコ良さの極み。』

孫悟空「単体」最強形態。

デフォルメされていようが、そのカッコ良さは失われず。

身震いするほどの再現度。

クオリティに関しての不満は「一切」なく。

  • 全ての造形。
  • 全ての質感。
  • 超3特有の髪の毛の透明感。
  • シンプルながら存在感のある道着。

細部までの細かい塗装まで完璧。

f:id:mousouryoku:20190325164943j:plain

悟空「なのに」悟空じゃない表情まで。

500円の食玩とは思えない仕上がり。

台座も「特別仕様」で。

あまりにも存在感のありすぎる髪の毛を「支える」仕様となっている。

f:id:mousouryoku:20190325165030j:plain

後ろから見ても、孫悟空(超サイヤ人3)と分かる佇まいは何時間でも眺められて。

真後ろを眺められるのはフィギュアだからこそで。

手の平に乗ってしまうサイズ「なのに」圧倒的なクオリティを肌で感じる事ができる。

f:id:mousouryoku:20190325165124j:plain

たったの500円で「この」クオリティの孫悟空を。

原作単体最強の「超3」の孫悟空を眺め続けて欲しい。

f:id:mousouryoku:20190325165209j:plain

あなたの好きな「角度」を探しながら。

  • 魔人ブウ(純粋)

f:id:mousouryoku:20190325165253j:plain

『ハハア~~~~~ッ』

長い戦いがあった。

これだけ「姿を変え続けた」ボスは、ドラゴンボールの中でも、そう多くはない。

倒せそうで倒せないを繰り返し、希望と絶望を繰り返し。

ドラゴンボールの「インフレ」が、ブウとの一戦に「ギュッ」と凝縮されている。

当時、高校生だったにも関わらず、まるで小学生のように興奮して読んだ記憶は、きっと一生忘れない。

そんな「魔人ブウ(純粋)」が大好きなアドバージシリーズで登場。

触れて、飽きるまで眺め続けれるクオリティのアドバージシリーズで。

ついに。降臨。

f:id:mousouryoku:20190325165359j:plain

『純粋・・・!』

アドバージ3にも魔人ブウが収録されていて。

でも。

あの魔人ブウは(悪)だった。

悪とは明らかに違う、純粋さ。

その「純粋さ」を忠実なまでに再現しているのが、今作。

f:id:mousouryoku:20190325165628j:plain

もし。

魔人ブウが目の前に居たら『こんな肌の質感なんだ・・・』と思わせるほど「柔らかい」質感で再現されている。

柔らかいのに感じる、圧倒的「悪の純粋さ」は背面からもあふれ出ていて。

f:id:mousouryoku:20190325165802j:plain

造形の「出来」と相まって、延々と眺め続ける事が出来る。

注目すべきは表情で。

純粋な悪を表現する「口の開き方」は圧巻で。

圧巻だからこそ。

この塗装ミスは痛い。

f:id:mousouryoku:20190325165853j:plain

幸い、傷ではないので「歯を白く」塗装すれば良いだけだ。

それか、この程度の塗装ミスで「不都合品」扱いしてくれるか問い合わせてみるのも、良いかもしれない。

バンダイお客様相談センター(食品・食玩)に。

  • 魔人ベジータ

f:id:mousouryoku:20190325165942j:plain

『さらばだブルマ・・・トランクス・・・・・

そして・・・カカロット・・・・・』

f:id:mousouryoku:20190325170013j:plain

長いドラゴンボールの歴史の中でも1,2位を争うほど好きで。

個人的トップ3は孫悟空(超サイヤ人3)、魔人ベジータ、孫悟飯(親子かめはめ波)で。

魔人ベジータ「と」孫悟飯が、日によって変わる程度の差しか、ない。

今まで、どれだけのフィギュアやカード、ソシャゲでも可能な限り手に入れてきた。

  • 葛藤
  • 覚悟
  • 愛情
  • 弱さ

等々、様々な感情が入り混じる「人間じみた」ベジータを愛さない理由が思い浮かばない。

そんな魔人ベジータが大好きな「アドバージ」シリーズで、ついに登場。

f:id:mousouryoku:20190325170122j:plain

大きいモノから小さなモノまで「魔人ベジータ」のフィギュアは持っているけど。

アドバージシリーズはやっぱり別格。

  • 飾っても邪魔にならない、大きさ。
  • 手に取って眺められる、サイズ感。
  • 見飽きない、クオリティ。

作業するスペースの片隅に「有る」だけで、満足できる。

f:id:mousouryoku:20190325170331j:plain

「M」の一文字に、ベジータの感情が詰め込まれていると思うだけで感涙モノで。

凛々しい表情の再現度は必見で。

妥協する事なく作り込まれた後姿は圧巻で。

f:id:mousouryoku:20190325170540j:plain

見ただけで「ベジータ」と分かるのは筆者だけではないはずだ。

このクオリティのフィギュアが食玩で楽しめる。

食玩「なのに」500円もするけど。

惜しいとは「全く」思わない仕上がりに、大満足しかしていない。

最後に

節目の第10弾で「ついに」原作単体最強形態が登場しました。

個人的最大級の盛り上がりで、次回作も楽しみですが。

その合間に出るドラゴンボール「アドバージ」モーションにも期待が持てます。

アドバージの魅力はそのままに「モーション」で躍動感のある仕上がりが今から楽しみ。

何より「親子かめはめ波」が、アドバージで再現できるのなら。

今から興奮が止まりそうに、ない。

それまではアドバージ10を全力で楽しもう。決意。

それでは

ん~!良い人生を!