妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

森永製菓「板チョコアイス」ミントはチョコミント苦手でも食べやすかった!板チョコが美味しい!




複雑である!

複雑な気持ちである!

森永製菓の板チョコアイスは、奇跡のような美味しさ。

板チョコ「なのに」ペロリと食べてしまえるアイス。

新作が出るのは「いつも」楽しみで。

どれもこれも期待以上の美味しさをお届けしてくれる。

そんな板チョコアイスの新作が、出た。

2019年4月8日に「コンビニエンスストア限定」で新発売。

森永製菓「板チョコアイス」ミント。

期待しかしたくないけど、筆者はミントが苦手である。

複雑な気分だけど。

テンションは上がらないけど、全力で挑戦した。

お返しのレビューを全力でしていこう。

森永製菓「板チョコアイス」ミントはチョコミント苦手でも食べやすかった!

 

f:id:mousouryoku:20190409213451j:plain

お値段は税抜き価格150円。

税込価格で162円。

コンビニエンスストア「限定」なので、スーパーのような値引きは当然、無い。

いつもの限定の板チョコアイスなら何の迷いも無く購入するけど。

 ミントが苦手なので「若干」しぶった。

『え~・・・値引き無いのかよ・・・』と、心の中で。

内容量は70ml。カロリーは276kcal。

分類はアイスミルク。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190409213526j:plain

パキっとした食感コーティングチョコとココアクランチが入った「爽やかな」ミントアイスの味わいをお楽しみください。

すまない。

ほぼ「耳に」入ってこない。

そんな事よりも。

『目が痛いほどのミントカラー・・・。』

パッケージから「これでもか!」と迸る(ほとばしる)ミント感。

大分食べれるようになったとはいえ、苦手意識の方が圧倒的に強い。

甘さ抑えめの「キレ」のあるミントなら個人的には嬉しいけど。

明らかに「甘さ」が強く出る板チョコとの組み合わせ。

せめてもの救いは、板チョコは「絶対に裏切らない美味しさ」という事くらい。

f:id:mousouryoku:20190409213603j:plain

このまま封印しておいても良いけど、伝える事が筆者の使命。

そう。

『伝える事が使命なのだ!』(震え声)

多少の覚悟を決めて、開封の舞も無理やりテンションを上げて済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190409213644j:plain

『こんなに美味しそうなのに。』

『中身はミントアイス。』

森永製菓「の」チョコレートが、甘く香るのに。

清涼感のあるミントの香りが、漏れてくる。

葛藤。

ここまできて。

再びの葛藤。

  • 美味しいチョコレートなのは間違い無い。
  • でも。中身はミントアイス・・・。

『伝える事が使命・・・。伝える事が使命・・・!』

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190409213714j:plain

『おっ!?』

『板チョコの方が強いぞ!』

パキンッと割れる「いつもの」板チョコアイス。

  • 脳にまで「響く」計算され尽くされた薄さの、板チョコ。
  • いつも通りのなめらかな口溶けで舌を覆って。
  • 森永製菓「の」チョコレートらしい甘さを主張して。

清涼感の「強い」ミントアイスにも負けない強さを、誇る。

f:id:mousouryoku:20190409213817j:plain

想像していた「よりも」チョコ寄りのバランスで。

  • 板チョコの美味しさ「を」ミントらしく押し上げて。
  • 溶け広がる板チョコに、清涼感を演出して。
  • 板チョコの「甘さ」を爽快に書き換えて。

食べやすさを加速させる。

f:id:mousouryoku:20190409213858j:plain

『あっ!これ食べやすい!』

板チョコアイスはやっぱり、板チョコが主役で。

  • ミントの「強い」主張に嫌味はなくて。
  • ミントミントした「雑味」を残さず。
  • 強いミント感を主張した後は、「キレ」だけを残して。

板チョコが「スーッ」と消えていく頃には、姿を消して、板チョコ「だけの」美味しさを楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190409213945j:plain

『美味しい・・・?』

『うん!美味しい!!!』

密かに期待していた「ココアクランチ」の主張は控えめで。

  • 噛む度にパキパキに「砕け散る」板チョコの中だと、どうしても存在感は薄くて。
  • 個人的に残念ポイントだけど。

アクセントとしての「チョコチップ的な役割」と思えば期待通りに落ち着く。

f:id:mousouryoku:20190409214018j:plain

  • ココアクランチに頼らなくても、板チョコがいつも通りの美味しさで。
  • このアイスを考えた人は天才としか思えなくて。
  • 板チョコが美味しいからこそ、苦手なミントアイスすら美味しく食べれて。

板チョコが美味しいからこそ、美味しいチョコミントのアイスとして、楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190409214339j:plain

『入門編。入門編に最適。』

板チョコアイス「らしく」くどくない甘さで。

  • ミントは「キレ」のある清涼感で。
  • 爽快に「なっていく」チョコミントを楽しめて。
  • ミントミントした感を、残さないで。

板チョコアイスの甘みが最後に主張する「食べやすい」チョコミント。

『チョコミントに興味があるけど・・・。』

『少し、怖い・・・。』

そんなあなたに食べて欲しい。

チョコミント好きの人と。

食べれなかったらあげる勢いで。

1欠片だけでも食べてみると、チョコミントへの印象は変わるかもしれない。

それほど「食べやすい」チョコミントのアイスである事は、チョコミント苦手な、アイスを愛する筆者が保証する。

森永製菓「板チョコアイス」ミントは、すごく、食べやすい。

最後に

 

何度目かの新発売です。

待ち望んでいた方も多いと思います。

コンビニエンスストア「限定」なので店舗によっては、品切れになる予感。

チョコミン党たちに狩り尽くされてしまう前に。

チョコミント初心者のあなたに食べて欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!