妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ウチカフェ「日本のフルーツ」ラ・フランスの果汁感で喉が潤う件。この果汁感は、本物だ。




ラ・フランス果汁40%。

知ってる。

果汁に真っすぐに向き合えるアイスだってことを。

日本の、山形の、ラ・フランスの果汁に真っすぐに向き合えるアイスだってことを。

2019年7月30日に数量限定で新発売。

ウチカフェ「日本のフルーツ」山形県産ラ・フランス。

全力で果汁感と向き合いながら、全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ウチカフェ「日本のフルーツ」ラ・フランスの果汁感で喉が潤う件

 

f:id:mousouryoku:20190730165121j:plain

お値段は税抜き価格172円。

税込価格で185円。

最後の最後のレビューになっても、これだけはお伝えしておきたい。

2019年夏「ウチカフェ」日本のフルーツは全て同じ値段。

www.mousouryoku.com

お財布の中に100円玉が2枚さえあれば、日本のフルーツを、果汁感のあふれるアイスを、心の底から楽しめる。

ウチカフェらしく、2度出会えない可能性もあるアイス。

特に、ラ・フランス好きは「絶対に」食べ逃すべきではないと断言しておこう。

内容量は80ml。カロリーは105kcal。

分類は氷菓。

ラ・フランス果汁40%。

f:id:mousouryoku:20190730165252j:plain

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190730165216j:plain

山形県産ラ・フランスの滑らかな舌触りと、じゅわっととろける食感を表現しました。

熟れたラ・フランスの芳醇かつ上品な香りと甘み、みずみずしい果汁感を表現しました。 

  • 滑らかな舌触り「と」じゅわっととろける食感。
  • 熟れた芳醇かつ上品な香り「と」甘み。
  • みずみずしい果汁感。

『果汁と向き合う準備は良いか!?』

ロッテ「と」富士食品がタッグを組んだ日本のフルーツシリーズ。

どれもこれも、真っ直ぐな果汁感に向き合えたアイスばかり。

www.mousouryoku.com

www.mousouryoku.com

www.mousouryoku.com

どれもこれも、果汁感と向き合った記憶しかない。

当然のように今回のラ・フランスも果汁感に向き合える予感しか、しない。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も洋風に済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190730165339j:plain

『ふぁっ!?』

開けた瞬間に驚くほど、芳醇で、瑞々しい果実感を主張して。

儚く感じてしまうほど、薄れていくラ・フランスらしいラ・フランスの香り。

これは。

この続きは。

食べてからのお楽しみということか。

ならば食べよう。

全身全霊で果汁感に向き合おう。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190730165410j:plain

『果汁感・・・さいっこう!』

シャリッとしたコーティングの中にはしっとりとしたアイスが待っていて。

  • 溶けるたびに果汁感は、右肩上がりで。
  • ラ・フランス「らしい」ほんのりとしたクリーミーさがアクセントになって。
  • あまりの瑞々しさに目が真ん丸にしかならなくて。

まるで果汁を飲んでいるような感覚は、幸せでしかない。

f:id:mousouryoku:20190730165457j:plain

『本格的・・・。』

『というか。』

『果汁を上手にアイスにしただけ。』

アイスなのに。冷たく溶けるアイスなのに。

溶けるたびにアイス「から」果汁へと姿を変えるだけで。

  • 右肩上がりで「芳醇」な風味を主張して。
  • 右肩上がりで「柔らかい」上品な甘みを主張して。
  • 右肩上がりで「瑞々しい」果肉感でお口の中を支配して。

喉を、ラ・フランスそのままの果汁感で、潤す。

f:id:mousouryoku:20190730165538j:plain

『語れる事の方が少ないほど、果汁まみれ。』

まるでラ・フランスの果肉を、荒く絞っただけのような瑞々しい果汁がアイスになっただけで。

  • アイス「なのに」ラ・フランスらしく、しっとりとした食感が表現されていて。
  • アイス「らしく」冷たい口どけで。
  • アイスの常識を「上回る」果汁感の塊で。

真っすぐに、どこまでも香り高く、ジューシーで瑞々しい、真っ直ぐなラ・フランスの果汁感と向き合える。

f:id:mousouryoku:20190730165617j:plain

『向き合える果汁感!』

最後を飾るのに相応しい完成度。

このアイスも「また」果汁感と向き合えたアイス。

ラ・フランス好きはもちろん。

アイス好きなら、1度は味合わうべきだと思う。

喉を冷たく、瑞々しく潤す「ラ・フランスの果汁感」は、とてつもなく、美味しい。

ウチカフェ「日本のフルーツ」山形県産ラ・フランスで、夏の暑さで渇いた喉を潤して欲しい。

最後に

 

ウチカフェ「2019年夏」日本のフルーツシリーズのレビューもこれで最後。

満足感と達成感が半端じゃないです。

そんな個人的なことよりも。

全10作のアイスを半分ずつ、5作品ものアイスを夏の間に作り上げた3社に、心からの賛辞を贈りたい。

  • 赤城乳業。
  • ロッテ。
  • 富士食品。

夏の思い出をありがとうございました。

また来年も出会いたい。

それでは

ん~!良い人生を!