妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

森永乳業「蜜と雪」いちごがリニューアル!探し出して、絶対に食べろ!




100円みぞれが終わって「代わりに」蜜と雪が、森永乳業の主力のかき氷商品になるはずだった。

なのに。

発売して数か月で見かける事の方が少なくなって。

また食べたいと願っても、願った時には見つからなくて。

すごく、落胆した記憶がある。

そんな「蜜と雪」が、完全に満足出来る程食べていないのに。

2019年3月25日に「リニューアル」して新発売。

森永乳業「蜜と雪」いちご。

せめて今回は、夏の間だけでも楽しめる事を願って、全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

森永乳業「蜜と雪」いちごがリニューアル!

 

f:id:mousouryoku:20190409000825j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格160円。

税込価格で172円。

リニューアルした情報だけは知っていたけど、これまた出会えなくて。

気長に待つ決意をしていたら、新作の「エスプレッソラテ」が発売された同日に大量の入荷を確認。

お得に税込138円で買えた。超ラッキー。

内容量は150ml。カロリーは162kcal。

分類は氷菓。

果汁・果肉14%。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190409000913j:plain

なめらかな食感の練乳風味の氷にいちご果肉を混ぜ込み、香り立ちの良い濃密ないちご果肉入りいちごソースを上掛けした新しい氷菓カップ。 

リニューアルされる前の蜜と雪「いちご」は、驚く程美味しかった。
www.mousouryoku.com

内容量と、カロリーと、果汁・果肉は変わっていない。

分かりやすく変わった「点」は1つ。

いちご本来の甘酸っぱさが「より」感じられるように改良しました。 

『もっとキュンキュン出来るのか・・・!?』

リニューアル前でも十分過ぎるほど、いちご「本来」の甘酸っぱさがあった。

それが、もっと、甘酸っぱくなった・・・!?

期待値は自然と右肩上がりである。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞もキュンキュンしながら済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190409000938j:plain

『キュンッ!』

  • 強く、赤く。
  • 強く、甘酸っぱく。
  • 強く、瑞々しく。

ただ、果肉をすりつぶした「だけ」のように。

果肉本来のフレッシュさが「あふれる」赤い、蜜。

この奥に。

赤い「蜜」の奥に、「雪」のような口溶けの氷が待っている。

重ねよう。

蜜と雪を。

甘酸っぱさが「より」強くなった、蜜と雪を。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190409001010j:plain

『強くいちご。』

『ひたすらに強くいちご。』

薄っぺらく「キュンッ」とさせるだけの、いちごじゃない。

  • 強く、深く、洗練されたいちご。
  • 果肉「本来」の瑞々しさがあって。
  • 瑞々しいのに、弾けるようなフレッシュさはなくて。

落ち着きのある、大人のいちご感。

f:id:mousouryoku:20190409001042j:plain

喉の奥を「キュンキュン」させるような甘酸っぱさじゃなくて。

  • 深く、強く、ねっとりとした「いちご」の果肉感。
  • 一手間を、惜しみなくかけたような。
  • 落ち着きのある甘酸っぱさで。

ねっとり「なのに」広がりの良い、蜜「だけでも」感動レベル。

f:id:mousouryoku:20190409001115j:plain

その蜜が。

  • かき氷らしく主張して。
  • 舞い降りた雪のように、舌の上で儚く溶けて。
  • ミルキーな練乳感を「優しく」演出して。

果肉の塊さえも儚く消える「脆さ」のある雪を包み込む。

f:id:mousouryoku:20190409001147j:plain

『蜜と雪・・・』

これほど言葉通りのアイスは、珍しくて。

これほど言葉通りの食感のアイスは、他に思いつかなくて。

これほど言葉以上に感動するアイスは、滅多に出会えるものじゃない。

f:id:mousouryoku:20190409001221j:plain

蜜と雪。

そのどちらも欠けたら成立しない美味しさで。

  • 強く、落ち着いたの甘酸っぱさが「あるから」練乳の優しさが分かって。
  • 練乳の優しくも、のコク深い甘さが「あるから」甘酸っぱさに飽きる事はなくて。
  • 蜜「と」雪が共存してるからこそ、溶けて消えた後の果肉の美味しさが跳ね上がって。

プチンッと弾ける、いちごの種「すらも」愛おしく思える。

f:id:mousouryoku:20190409001304j:plain

『・・・。』

ただでさえ美味しかった。

リニューアル前も当然のように美味しかった。

でも。

美味しさは倍以上になっていると断言できる。

より。

  • 蜜が蜜らしく。
  • 雪が雪らしく。

それぞれの味が「際立って」いるのが、分かる。

間違い無く、分かりやすくなっている。

分かりやすくなった上で。

蜜と雪らしい口溶けで重なった時、語彙力は極端に落ちて、言葉を失う。

舌の上に広がる、まるで潰されただけの「上品ないちご」に、優しい練乳色の雪が舞い散るような。

そんな幻想的な口溶けを楽しめる。

ここまで読み切ったあなたが食べない理由は?

探してまで食べない理由は?

絶対に、無い。

アイスマニアで、食感マニアの筆者が激推しする。

絶対に、探し出して食べて欲しい。

森永乳業「蜜と雪」いちごを。

あなたの口が、蜜「と」雪を全力で楽しむ事を、心から望む。

最後に

 

よく、大げさと言われます。

スイーツの「読み物」として書いているので「少し」盛るくらいが丁度良いのです。

盛った事を反省も、後悔もしませんが。

それを差し引いても。

このアイスは。

リニューアルした「蜜と雪」いちごは、食べて欲しい。

顔の力が抜けるほどの口溶けを、美味しさを、全力で味わって欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!