妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ぜいたく果実「白桃アイスバー」が買い占めたくなるほど美味しい。探してでも食べて欲しい。




記憶に「こびりつく」ほど美味しいアイスに出会った事があるだろうか?

毎週、毎週、新発売されるアイスたち。

その「ほとんど」を食べ、記事にしてきた。

あまりに莫大な種類のアイスが発売されるので「全て」と、表現出来ない所がアイスの世界の広さを物語っている。

その中で、記憶に「こびりついて」離れないアイスが、ある。

www.mousouryoku.com

ぜいたく果実「いちごアイスバー」である。

そのアイスの、ぜいたく果実アイスバーの「新作」が、出た。

2019年3月26日に新発売。

オハヨー乳業「ぜいたく果実」白桃アイスバー。

全力を超える全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ぜいたく果実「白桃アイスバー」が買い占めたくなるほど美味しい

 

f:id:mousouryoku:20190326160831j:plain

お値段は「定価で」税抜き価格170円。

税込価格で183円。

ファミリーマートで発見・即購入。

前作の例から言って、オハヨー乳業のアイスは、ほどなく経ってから多くのスーパーにも並び始める。

お近くのコンビニに並んでいなくても気長に待って欲しい。

気長に待って、少しでもお得に楽しんで欲しい。

内容量は80ml。カロリーは148kcal。

分類はアイスミルク。

白桃果肉20%。生きた乳酸菌入り。

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190326160919j:plain

  • ミルクのコクと生きた乳酸菌のすっきり後味で、白桃を引き立てるこだわりの味わい!
  • 白桃の果実感たっぷり

果実のおいしさそのまま製法採用!

f:id:mousouryoku:20190326160946j:plain

白桃果肉20%使用。

果肉部分はダイスカットしてフルーツアイスに混ぜ込んでいますので、果肉の食感「も」お楽しみいただけます。 

f:id:mousouryoku:20190326161017j:plain

オハヨー乳業「が」作る、ミルクのコク「からの」生きた乳酸菌でサッパリ感のあるミルクアイス。

その中に。

ゴロゴロとした白桃の果肉入りの、瑞々しい「果実そのもの」のようなフルーツアイスが入っている。

『期待値が突き抜ける・・・!』

もう我慢の限界。

早速、そのお姿を見てみよう。

開封の舞も手短ながら全力で力を込めて済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190326161051j:plain

『ずっしり!』

少し、コンパクトな見た目で。

小さく思われるかもしれない。

でも。

ずっしりとした重量感は、持つと分かって。

この中に。

美味しい、ぜいたくな果実が詰まっていると想像すると、顔がほころぶ。

さぁ食べよう。

このシンプルな「白い」アイスの中には、白桃が「そのまま」詰まっている。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190326161120j:plain

『美味し過ぎる!!!』

なめらかな口溶けのミルクアイスを抜ければ、すぐ「シャリッ」とした白桃のアイスに出会える。

  • 想像以上に白桃のアイスは口溶けが良くて。
  • 瑞々しく甘く、爽やかに白桃の風味を主張して。
  • まるで白桃の果汁のようにサッパリ「なのに」濃縮された甘みを演出して。
  • 白桃「そのもの」を楽しんでいると、徐々にミルクアイスが溶けだして。
  • 果汁感にミルキーな甘さを足して。

まろやかな白桃感がお口の中で完成する。

f:id:mousouryoku:20190326161202j:plain

アイスに身を任せて「自然な」口溶けを楽しんだ後に噛むと、味わいは変わって。

  • 混ざり合う度にコクが深まって。
  • 白桃の「甘み」が際立って。
  • 甘みが引いていく度に、ミルクの旨みが顔を出してきて。
  • ミルクの旨みを味わっている最中に存在感のある果肉を噛めば。
  • ジューシーな白桃が「強く」主張して。

コク深いのに、サッパリとした「旨みのある桃」を楽しめる。

f:id:mousouryoku:20190326161301j:plain

『期待以上の美味しさ!』

  • ミルクのコク深い美味しさも。
  • 白桃の瑞々しい美味しさも。
  • 両方「分かる」ほど主張するのに。

驚く程「高い次元」で、バランス良く混ざり合う。

f:id:mousouryoku:20190326161334j:plain

  • 瑞々しいのに、コク深くて。
  • ミルキーなのに、清涼感があって。
  • お互いの「旨み」を引き立て合って。
  • 全てが消える頃には「1つ」のまとまりで。
  • 主人公は白桃のはず「なのに」オハヨー乳業のミルクアイスが、気が付けば無くてはならない主役級になっていて。

余韻として残る「白桃の旨み」は、ミルクアイス無しでは成立しない。

f:id:mousouryoku:20190326161405j:plain

『買い占めたい!!!』

時が経てば、取扱店は増える。

増えるけど。

それまで我慢が出来そうに、ない。

今、売っているお店の全ての、ぜいたく果実を買い占めたい。

でも。

多くの人に食べて欲しい。

だから。今。あなたの目の前にあるのならば。

絶対に味わって欲しい。

全力で。

オハヨー乳業「ぜいたく果実」白桃アイスバーを。

最後に

 

探してでも食べて欲しい。

これが本音です。

ぜいたく果実「いちごアイスバー」の実例を基に語りますが、

時が経てば、スーパー等での取り扱い店は増えます。

増えますけど。

時が経ち過ぎれば、取り扱い自体が無くなります。

その後は不定期です。

繰り返します。

レギュラー商品「なのに」不定期です。

いつ入荷するかなんて、正直分かりません。

だからこそ。

探してでも食べて欲しい。

あなたがぜいたく果実「白桃アイスバー」に出会える事を心から、願う。

それでは

ん~!良い人生を!