妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ドラゴンボール「アドバージ」モーションはファンなら手に入れるべき完成度。親子かめはめ波を再現しよう!




セット買い最強。

熾烈を極める「食玩争奪戦」を横目に、難なくコンプリート。

ドラゴンボール「アドバージ」の最新作は、いつもと違う。

何が何でも手に入れたかった。

2019年6月17日に新発売。

DRAGON BALL「ADVERG」MOTIONセット。

ドラゴンボール「アドバージ」モーション セット。

そう。モーション。動きだ。

いつものアドバージ「じゃない」。

名シーンを「再現」できるアドバージの登場。

対となる「敵キャラ込み」で完成するのが、名シーン。

当たり前のように「セット」で買うしかないじゃないか!

全力で手に入れた。

全力の魂を込めて全力のレビューしていこう。

はじめに

 

f:id:mousouryoku:20190617145500j:plain

今回の販売方法は2通り。

セット売り「と」個別売り。

1体の価格は、税抜き価格500円(税込価格540円)で変わらない。

BOX買いをすると、いつも通り10個入りで。

f:id:mousouryoku:20190617145540j:plain

どうしても「ダブり」が発生してしまう。

ダブりを避けるために店頭に並ぶのを待つ人も多いと思うけど、

個別売りはどうしても「争奪戦」になりやすくて。

お目当てのキャラが1体「先に」買われてしまうと、名シーンの再現は難しくなる。

※画像の例で言えば、トランクス「だけ」を買われるとロゼとの名シーンが完成しない※

大量に入荷してくれるお店なら、まだ救いはあるけど。

小規模店で、1セットのみの入荷だけだと、文字通りの争奪戦になってしまう。

どうしても手に入れたい場合は、ネットやリアル店舗で「予約」という手もあるけど、アドバージのBOX買いはダブってしまう悪循環。

そんな問題を「サラッ」と解決してくれるのがセット売り。

専用の箱も保存しておきたくなる特別仕様。

アドバージ9でも同じ販売方法が取られて。

www.mousouryoku.com

アドバージ10では争奪戦を強いられたので、今回の販売方法は非常にありがたい。

www.mousouryoku.com

6種セットということで、お値段は張るものの、何の迷いもなく「予約」できるのは忙しい身としては心から歓迎したい。

  • 食玩争奪戦を勝ち抜くか。
  • 多少プレミア価格でも、欲しいキャラだけをネットで「個別」に手に入れるか。
  • BOX買いでダブりを受け入れるか。
  • セット買いで欲しくないキャラ「も」手に入れるか。

選択肢は複数ある。

あなたが望む形で、手に入れて欲しい。

続けて名シーンのレビューをしていこう。

孫悟空(身勝手の極意)のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190617145809j:plain

ドラゴンボール「アドバージ」モーションの中で、唯一「対となる敵キャラ」が収録されていないのが、孫悟空(身勝手の極意)。

単純にいつものアドバージ「が」動きのあるポーズを取ったフィギュアとなる。

内容物は共通。

彩色済フィギュア1体・台座・食玩らしくガム1個入り。

f:id:mousouryoku:20190617150049j:plain

懐かしさ満点の、甘いソーダ味のガムを食べながら開封していこう。

と、言ってもアドバージシリーズの組み立ては簡単。

何も考えず、台座にハメ込むだけで完成する。

あまりに簡単に完成したドラゴンボール「アドバージ」モーションの孫悟空(身勝手の極意)がこちら。

ドン!

f:id:mousouryoku:20190617150338j:plain

『圧巻!!!』

圧倒的なクオリティを誇るドラゴンボールアドバージシリーズ。

早い段階から完成されていて。

500円クラスの食玩の中でも圧倒的完成度を主張する。

アドバージ6で初登場した孫悟空(身勝手の極意)の完成度と比べても、なんら遜色はない造形。

f:id:mousouryoku:20190617150744j:plain

しかし。

モーションということで、表情にも変化があって。

凛々しさ「よりも」余裕のある表情が、分かりやすく表現されている。

注目すべきは、目で。

より細い線で、細部まで書き込まれているのがお分かりいただけると思う。

f:id:mousouryoku:20190617151141j:plain

銀色の髪と眉毛、目の色までも「発色」が上乗せされて、より神々しい雰囲気となって降臨。

完成形と思われた完成度を、表現を変えることで、モーションにすることで、違いをハッキリとさせている。

f:id:mousouryoku:20190617151813j:plain

  • 惚れ惚れする筋肉の描写。
  • 作り込まれた衣装のシワ。
  • 見事なまでに再現された質感。

いつも通りのアドバージのクオリティに「動き」が加わっただけなのに。

溜息が出る完成度。

f:id:mousouryoku:20190617152019j:plain

躍動感しかない孫悟空(身勝手の極意)を、飽きるまで、見よう。

悟空の目線の先に、対となる敵キャラが居ないのは残念だけど。

次回作に期待しながら、遊んで、待とう。

トランクス(超サイヤ人)とゴクウブラック(超サイヤ人ロゼ)のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190617152643j:plain

本当は個別で紹介するべきだけど。

対となる者同士。

同時に紹介していこう。

この2体は特殊で。

モーション「らしさ」は、大きめの台座で表現されている。

f:id:mousouryoku:20190617152818j:plain

どう考えても「自立」しないポーズとなっているので、アドバージでは珍しく背中に固定用の穴が開いている。

さほど組み立ては難しくないけど、慎重に力強く固定して欲しい。

f:id:mousouryoku:20190617152939j:plain

折角ロゼの「手刀」が分かりやすい構図なので、このまま説明しよう。

ロゼの手刀には、気で生成された「剣」をハメ込むことが可能。

全くもって難しい作業ではないけど。

f:id:mousouryoku:20190617153331j:plain

取り外し可能なので、外したまま遊んで、無くさないようにだけは注意して欲しい。

尚、トランクスの剣は、付けないと違和感しかないので、優しく装着してあげて欲しい。

f:id:mousouryoku:20190617153454j:plain

さぁ準備はできた。

トランクス「と」ゴクウブラックが激突する名シーンを。

ご覧いただこう。

ドン!

f:id:mousouryoku:20190617153649j:plain

『鳥肌。』

えっ?構図が違う?

角度が違うだけさ。

名シーンを「色々な角度」から見れるのが、アドバージ「モーション」の最高な点の1つだと思う。

f:id:mousouryoku:20190617154141j:plain

もちろん、個別での完成度に見惚れるのも良い。

トランクスの決意にみなぎった表情は必見で。

f:id:mousouryoku:20190617154310j:plain

カプセルコーポレーションの「ロゴ」が入った衣装の作り込みは、溜息がでるレベルで。

f:id:mousouryoku:20190617154407j:plain

鞘(さや)のサイズ感と、剣のサイズ感がしっかりと再現している作り込みには、作り手のトランクスへの愛情が伝わってくる仕上がり。

f:id:mousouryoku:20190617154517j:plain

疾走感にあふれる、ド迫力なトランクスで、目一杯興奮して欲しい。

それに対し、ロゼは不敵に笑う。

目の下に影が出来るように考えられた角度は、ロゼらしさを跳ね上げている事がお分かりいただけるだろうか?

f:id:mousouryoku:20190617154750j:plain

全体のダイナミックな「動き」だけじゃない、細かい部分までの動き「も」大注目して欲しい。

f:id:mousouryoku:20190617155321j:plain

  • 衣装が「たなびく」ような動きで、躍動感がビンビンに伝わるはず。
  • 指の先1本、1本の「表情」で、悪役感がガシガシ伝わるはず。

細かい所まで見逃す事なく、飽きるまで、眺めて欲しい。

名シーンを再現しながら。

f:id:mousouryoku:20190617155824j:plain

あなたの「目線」で、名シーンを楽しんで欲しい。

トランクス「と」ブラックゴクウの、絶望的な戦いを。

絶望的な戦い「からの」希望の戦いを、思い出しながら。

孫悟空(超サイヤ人)と孫悟飯(超サイヤ人2)とセル(完全体)のレビュー

 

f:id:mousouryoku:20190617160238j:plain

何1つ欠ける事は、あってはならない。

親子かめはめ波の完成には、悟空と悟飯。

その対となるセルが居なければ「名シーン」は再現できない。

まずは。

何も語る事もなく。

ただ無邪気に「再現」しただけの画像をお届けしたい。

ドン!

f:id:mousouryoku:20190617161000j:plain

『心から震える名シーン!!!』

この名シーンを、いろんな角度から見れるのは、幸せ以外の感情はなくて。

角度を変えながら眺めるだけで、丸一日を過ごせる自信がある。

f:id:mousouryoku:20190617161230j:plain

本当に過ごしてしまいそうなので、無理やり1体ずつ見て行こう。

まずは悟空から。

ドン!

f:id:mousouryoku:20190617161512j:plain

『泣きそう・・・。』

この時、悟空は居なくて。

悟飯の力添えだけしかできなくて。

それでも。

存在感「しか」なくて。

永遠に不滅の、屈指の名シーンを盛り上げる存在。

それが。

フィギュアになって。

触れるなんて。

泣きそうで。

真正面から見ると分かりやすく顔が影になる角度で。

悟飯「を」陰ながら支える演出が見事なまでに再現されている。

f:id:mousouryoku:20190617161905j:plain

単体で見ても、完成度は当たり前に高くて。

表情は語るまでもなくモーションらしく、豊かに、凛々しく表現されて。

かめはめ波を構える腕も、悟飯「の」かめはめ波を大きく包み込むような空間があって。

f:id:mousouryoku:20190617164111j:plain

感動に見合ったクオリティを誇る。

ただ。

やっぱりセットになってこその仕上がりなので、単体のみでは語り切れない。

 

続いては、セル。

いってみよう。

ドン!

f:id:mousouryoku:20190617164703j:plain

『指先の汚れが、逆に良い。』

ふぁっ!?指先に塗装ムラが!?

とか思ったけど。

これが演出だとしたら、太陽系破壊かめはめ波の妄想は膨らむ。

指先にまで込められた「気」だと思える。

でも、きっと汚れは汚れで。

残念だけど、良い方向に解釈できるから、許せる。

それ以外の「作り込み」は、感動レベルで。

f:id:mousouryoku:20190617165109j:plain

セルらしい質感を、触感を、禍々しい配色を、見事に再現している仕上がり。

デフォルメされても、セル「らしさ」が全力で表現されていて。

気の奔流で持ち上がった羽が、緊張感を演出する。

f:id:mousouryoku:20190617165240j:plain

セルファンなら単体でも満足のいく完成度。

表情の「豊かな動き」は、あなたの目で確認して欲しい。

きっと、惚れ直すことは、お約束する。

 

さぁ最後。

愛する悟飯の出番。

超サイヤ人2悟飯が「至高」と信じて疑わない筆者は、愛するがゆえに厳しい目でレビューしよう。

いざ。

ドン!

f:id:mousouryoku:20190617165741j:plain

『95点!』

その5点は、やっぱり、戦いで負った傷の描写。

さすがに、食玩で傷をリアルに再現する訳にはいかない。

その分だけマイナスとさせていただいたけど。

それ以外は「100点満点」をつけたい。

傷は描写できないけど満身創痍な姿勢、道着。

f:id:mousouryoku:20190617170126j:plain

力なく垂れ下がった左腕。

f:id:mousouryoku:20190617170304j:plain

この「モーション」は、感涙もので。

『ぼくがやるんだ!!!』という意志に満ち溢れた表情は、必見。

余す事なくお見せしたいけど、やっぱり買ってからのお楽しみにして欲しい。

垂れた前髪から覗かせる瞳は、アドバージ「史上」最もカッコイイ事だけは、全力で報告しておこう。

さぁ3体のレビューは終わった。

いよいよクライマックス。

名シーンの再現を。

しよう!!!

f:id:mousouryoku:20190617170859j:plain

『ゴゴゴゴゴ・・』

f:id:mousouryoku:20190617171126j:plain

『ズッ』

f:id:mousouryoku:20190617171315j:plain

『泣いた!!!』

もう。

頭の中では「明確に、正確に」親子かめはめ波の名シーンが繰り返し、繰り返し流れて。

この名シーンを悟空・悟飯目線で見れて。

セルの目線で見れて。

当たり前に視聴者目線でも見れて。

触れるなんて。

泣くしかないと思う。

ドラゴンボールファンなら。

自分で再現しておきながら、泣くしかないと思う。

最後に

 

クオリティの高いフィギュアは今までも沢山ありました。

お値段に見合ったフィギュアも当然、ありました。

でも。

食玩で、ここまで名シーンを「忠実に」再現できたものはあっただろうか?

筆者は記憶に、無いです。

いつもならアドバージファンをメインにオススメしているけど。

今作は。

全てのドラゴンボールファンにオススメしたい。

ドラゴンボール「アドバージ」モーションを、全力でオススメしたい。 

サイズ感でもお分かりいただけるほど、世界観が作り込まれています。

f:id:mousouryoku:20190617183035j:plain

このアドバージは。

ドラゴンボール「アドバージ」モーションは。

ドラゴンボールファンこそ、全力で手に入れて欲しい。

それでは

ん~!良い人生を!