妄想力は無限大 別館

家族と食とゲームと妄想と。時々面白い話を心がけて。

ウチカフェ「日本のフルーツ」白桃の完成度がリアル過ぎてヤバイ。美味し過ぎてヤバイ。




第2弾が出たぞ!!!

待ちわびたウチカフェ「日本のシリーズ」の第2弾が登場。

第2弾「も」2種のアイスが楽しめる。

どちらから書こうか迷ったけど。

『どちらにしようかな?天の神様のいうとおり!』で決めた。

2019年6月18日に数量限定で新発売。

ウチカフェ「日本のフルーツ」国産白桃&長野県産黄金桃。

(ウチカフェ「日本のフルーツ」白桃)

全力を超える全力で美味しく頂いた。

お返しのレビューを全力でしていこう。

ウチカフェ「日本のフルーツ」白桃の完成度がリアル過ぎてヤバイ

 

f:id:mousouryoku:20190618154233j:plain

お値段は税抜き価格172円。

税込価格で185円。

何度でもお伝えするけど。

今回のウチカフェ「日本のフルーツシリーズ」は、全て同じ値段。

www.mousouryoku.com

たったの200円以下で。

美味しい「日本のフルーツ」を使ったアイスが楽しめる。

アイスファンは絶対に見逃すべきではない。

内容量は80ml。カロリーは82kcal。

分類は氷菓。

白桃果汁・果肉35%、黄金桃果汁5%。

※白桃が国産、黄金桃が長野県産※

原材料・成分表も併せて載せておこう。

f:id:mousouryoku:20190618154321j:plain

白桃のみずみずしいおいしさを再現するためにこだわりの白桃果肉ソースを作りました。

繊維感のあるおいしさを出すために、果肉を丸ごと裏ごししたピューレと混濁果汁を併用し、独特のとろみを出しています。 

  • こだわりの白桃果肉ソース・・・?
  • 果肉を丸ごと裏ごししたピューレと混濁果汁の併用で繊維感を演出?
  • 独特のとろみ「も」あるだと・・・?

『何に注目すべきか分からないほど、魅力的!』

『しかも!』

『赤城乳業が製造している!!!』

前作の「ばん桃」はロッテが製造していて。(正確にはサンタ株式会社が製造)

www.mousouryoku.com

日本のフルーツ第2弾の「南高梅」は、ロッテ(富士食品)が製造。

赤城乳業「と」ロッテ(製造会社は複数)の2大看板でシリーズを展開するのだろうか?

全10作ものシリーズを2社だけで乗り切るのだろうか?

f:id:mousouryoku:20190618145511j:plain

今後の展開も目が離せそうに、無い。

そんな事よりも、今は、目の前の白桃に注目しよう。

開封の舞も超絶ハイテンションで済ませた。

いざ。

開封!

f:id:mousouryoku:20190618154403j:plain

『果肉感・・・!』

まるで皮をむいてもらって「すぐ」目の前に出されたような、新鮮な果肉感。

瑞々しく。

どこまでもアイス「なのに」瑞々しい桃を、主張する。

果汁の合計は40%。

f:id:mousouryoku:20190618154431j:plain

半分近くが「桃」で構成されているアイス。

国産の桃で作られたアイス。

絶対の絶対に、美味しい。

かぶりつこう。

むきたてのような果肉に。

全力で。

いただきます!

f:id:mousouryoku:20190618154633j:plain

『美味し過ぎるっ!!!』

舌の力だけで潰せてしまう柔らかさで。

  • この柔らかさは、まるで果肉そのもので。
  • 果肉そのものが、ジューシーに溶けるようで。
  • とろりとした果肉感「から」とろっとろな果汁感へ進化して。

まるで不二家の「ネクター」のような喉越しで、通り抜ける。

f:id:mousouryoku:20190618154714j:plain

『これ。白桃。』

『白桃が冷たく溶けるだけ。』

『溶けて喉を潤すだけ。』

余計なものは一切、ない。

  • 全力で、瑞々しい白桃。
  • 全力で、風味豊かな白桃。
  • 全力で、白桃そのままの甘み。

アクセント的な果肉の欠片で、白桃「らしさ」が押し上がるだけのアイス。

ジューシーな果肉を味わった後に残るサッパリとした果汁感は、本物の白桃を食べ終わった後と同じで。

f:id:mousouryoku:20190618154750j:plain

違いなんて、果肉「で」果汁感を味わうか、アイス「で」果汁感を味わうかの差しか、ない。

f:id:mousouryoku:20190618154820j:plain

『リアリティあり過ぎ・・・。』

『アイスもここまできたか・・・。』と、リアルに呟いたほどで。

  • 食感の再現度は完璧で。
  • 歯で分かる「繊維感」からの
  • 舌にまとわりつく「とろみ」からの
  • あふれでる「果汁感」からの
  • 「とろっとろ」な喉越しからの

サッパリとした果汁本来の甘みの余韻。

f:id:mousouryoku:20190618154846j:plain

『白桃がアイスになっただけだよ・・・これ・・・。』

美味しいとか。

美味しくないとか。

そんなレベルじゃない。

果汁感たっぷりの白桃「を」アイスの食感で、溶け感で、楽しめるだけ。

たったそれだけの事なのに。

感動で、心が震えている。

ウチカフェ「日本のフルーツ」国産白桃&長野県産黄金桃は、白桃がアイスになっただけである。

最後に

 

食べてる途中で混乱しました。

『アイス「らしさ」ってどんなのだったっけ?』と。

アイスを食べているはず「なのに」冷たい白桃にかぶりついているような感覚は、1度は味わうべきだと思います。

フルーツ好きなら絶対の、絶対に。

白桃好きなら絶対を超える絶対に。

この喉越しは、本物を超えている「かも」しれない。

それでは

ん~!良い人生を!